ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2

師走もそろそろ終わり。体の芯から冷え込んできましたね。

これから買い足すなら、インナーという方も多いのではないでしょうか。

今回は、過去にROOMIEで紹介した防寒インナーを4つピックアップしてみました!

ベルメゾン ホットコットシリーズ

ベルメゾン ホットコットシリーズ 790円(税込)

ヒートテックは、レーヨンやポリエステルなどの化学繊維がメインで作られているんですが、このホットコットシリーズは綿95%ポリウレタン5%で作られているので、肌に優しく着心地も抜群なんです。

しかも、ヒートテックよりもフィット感があるんです。


また、静電気も起きにくく汗をかいても蒸れにくい仕組みになっています。

その上、ヒートテックのような化学繊維でできたものよりも、約+0.7℃も暖かいなんてコスパ良すぎる……!


通常、服についている洗濯表示タグも生地に直接印字されているので、肌に負担なく着用していられます。

ベルメゾンはオンラインショップのみの販売ですが、肌に優しくて暖かいのに790円で手に入るなんてとってもお買い得……!

詳しくはコチラ↓

モンベル ジオラインシリーズ

モンベル ジオラインL.W.Vネックシャツ Men’s 3,740(税込)

モンベルのジオラインシリーズは登山での使用を考えて作ったとのことですが、じつは日常で使える優れもの。


ヒートテックだと、暖かくなって汗をかいてしまっても、そのまま生地が冷たくなってしまうなんてことがありますよね。

それに比べて、ジオラインシリーズは速乾性に優れているんだそう。 

自転車で実際に汗をかいてみると、本当にサッと乾くんです


そして、通気性にも優れているので、汗をかいた後でもニオイが気になるなんてこともありません。

もちろん、アウトドアブランドなだけあって、伸縮性も十分あるので1枚持っておくとかなり便利かも。

詳しくはコチラ↓

無印 綿であったかシリーズ

綿であったか「Uネック8分袖Tシャツ」 1,290円(税込)

無印の綿であったかシリーズは、綿約93%なので、肌触りや着心地が抜群。

体から発散される湿気や汗を吸い取って発熱するインナーです。


化学繊維をほとんど使っていないので、乾燥で肌が弱くなりがちな人でも安心して着ることができます。

洗濯表示タグは生地に印字されているので、毎日着るのにもストレスフリーで着用できますよ。

詳しくはコチラ↓

ナンガ メリノウール100%のインナーシャツ

NANGA MERINO WOOL インナーロングスリーブTEE  6,578円(税込) 

国産ダウンメーカーとして有名なNANGAから販売されているインナーシャツ。

素材はなんとメリノウール100%で作られているんです。

メリノウールといえば、肌触りが良くて暖かいという特徴のある生地ですが、なんといっても値段がそこそこするんですよね……。

その割にこのシャツは1万円以下で買えるなんてとってもお手頃。

高い防寒効果吸湿性を兼ね備え、メリノウールならではの細かく起毛した優しい肌触り。

薄手の作りなので、夏以外の3シーズンで着用できそうなのも◎

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking