sato

sato

1

暖冬とは言われるものの寒い日は寒いし、毎年1、2回は雪も降っているような……。

そして雪が降るたびにスノーブーツ買っておけばよかった、と後悔すること数年。

今年、あの定番のブーツをやっと購入しました。

優秀スペックがそろいぶみ

THE NORTH FACE 「ヌプシブーティーウォータープルーフVII(レディース)」 17,600円(税込)

この時期になるとアウトドアショップでもセレクトショップでも見かける、THE NORTH FACEの「ヌプシブーティー」です。

気になっていたものの人と被りそうで躊躇していたのですが、買ってみてわかりました!

この一足がベストオブ真冬ブーツであったことを……。

もっと早く買っておけば、去年の冬も一昨年の冬も快適に過ごせたのになぁ。

今年こそ買おうとヌプシブーティーを調べていましたが、バリエーションが豊富なために最初は迷ってしまいました。

その検討の過程をご紹介しちゃいます。

まず素材。見た目重視か機能重視か…

機能で分けるなら、撥水orウォータープルーフorゴアテックス

撥水はセレクトショップでも良く見かけるウール、そしてレザー(レディースのみ)。

ウォータープルーフとゴアテックスは、ツルッとしたナイロン素材になります。

おしゃれ感のあるウールもかわいかったのですが、雪の日も安心して履きたかったのでウォータープルーフorゴアテックスの2択。

しかしゴアテックスはデザインもかなりアウトドア感強め。普段使いしやすそうなウォータプルーフのモデルに決定しました。

水をかけるとこの通り。独自素材のテックプルーフ™をライニングに採用することで防水性を向上しているそうです。

そしてカタチ。選択肢が多くて迷う〜

スカートでもパンツでも合わせやすそうなショート丈か、暖かくて雪や雨が進入しにくそうなレギュラー丈か、より長いトールか……。

さらにはユニセックスモデルかレディースモデルか、を決めなければなりません。
(私もお店に行くまで知らなかったのですが、一見同じように見えるデザインでもユニセックスモデルとレディースモデルがあるんです……)

ユニセックスモデルとレディースモデルの主な違いはソールとシルエット

ユニセックスはソールに氷上に強いビブラム®アイストレックを使っているのに対し、ウィメンズは特殊なラバーを配置したオリジナルのラバーソールを使用。

履いてみるとわかりますが、ユニセックスと比べてレディースの方が若干細身のシルエットになります。

ソールもきちんとグリップが効くのでこれで十分。丈は暖かくて安心感のあるレギュラー丈に決定!

そして、「ヌプシブーティーウォータープルーフVII(レディース)」の購入に至ったわけです。

色も4色あるのですが、とことん合わせやすさにこだわって黒にしました。

結果コレにして大正解!

まずヌプシブーティを1足買ってみるなら、ウォータープルーフ&レギュラー丈、女性ならスッキリシルエットのレディースモデルをおすすめします。

残念なところ:太めのパンツをインすると…

パンツの裾を濡らしたくないので雪や雨の日はインしたいのですが……。

太めデニムをインしてみたところ、ちょっと合わないかも……(素材感にもよるとは思いますが)

細めのパンツまたはスカートとの相性はバッチリかと思います。

雨でも晴れでも、アウトドアでも街でも

もともとは主に雨や雪の日用にと思って購入したのですが、気がつけばコレばかり履いている日々。

この暖かさに慣れるといつものスニーカーや靴では心もとなくて……。

意外と幅広いファッションに合うので、仕事できちんとしなくてはいけない時以外はついコレに手が伸びてしまいます。

想像以上に快適だったヌプシブーティ。なんだかウールも買い足してしまいそうな予感です……。

ヌプシブーティーウォータープルーフVII(レディース)[THE NORTH FACE]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking