Fukuko

Fukuko

1

街はすっかりクリスマスムードですよね。

クリスマスはおうちでケーキを食べるのが定番ですが、今年はみんなで一緒につくれるヘクセンハウスにしてみませんか?

毎年気になっていた無印良品の人気アイテムを試してみましたよ〜!

生地からつくるから、特別感満載

無印良品「自分でつくる 生地からつくる ヘクセンハウス」1,190円(税込)

こちらは、土台のクッキー生地から自分でつくるヘクセンハウス。

箱の中身はこれで全部

そのほかの材料は、自分で用意します。必要なものが外箱にも書かれているので、よくチェックして!

こちらが自分で用意する材料。

ひとつでも欠けるとつくれないので、材料は必ずすべて揃えてからはじめましょう~。

まずは生地をつくります

付属の説明書を見ながら、早速生地をつくっていきましょう!

説明書は、詳しく丁寧でわかりやすい内容。

材料をまぜて、生地をこねます。

ここまでは、むずかしいことナシ

こねるのはお子さんでも楽しくできますね。

でき上がった生地は3つに分けて、抹茶とココアとプレーンの3色に

そして、ラップにはさんで薄く伸ばし、冷凍庫で休ませます。

生地が全パーツできたらオーブンへ!

型紙に合わせて3色の生地をそれぞれ切り抜きます

丸はけっこう切り抜くのがむずかしいので、大人が担当。

パーツが多いし、大きさもそれぞれ違うので一度には焼けません

色付きのもの、小さいパーツ、大きめのパーツなどをまとめて、時間調整しながら焼くとうまくいきます。

いよいよ組み立て!

全パーツが焼き上がったら、アイシングを接着剤代わりに組み立てます

アイシングは箱の中の粉糖と、自分で用意する卵白やレモン汁で作りますよ~。

くっつけたらしばらく押さえていないと取れちゃうので気をつけて!

箱の完成写真と、説明書を見ながら組み立てますが、お家と煙突があれば、あとは好みでいいかも

組み立てが完了したら、お菓子用のデコレーションを使って飾り付ければ完成です!

残念なところ:型紙を切るのが大変!

つくるのは楽しいですが、前準備がけっこう大変なんです。

型紙を自分で切るのですが、これだけでもけっこう手間がかかる!

小さいお子さんには難しいレベルだし、細かくて失くしてしまいそう。1回使い切りのチープなものでいいから、型がついてたら最高なんだけどな。

もっと簡単なのはないの? それが、あるんです!

生地から自分でつくるのはとっても楽しいのですが、それなりに手間もかかって大変。

お子さんが小さくてイチからつくるのはムリっぽいとか、お菓子づくりは得意じゃないけどやってみたい……。

そんな人向けに、組み立てるだけのタイプもあるんです!

無印良品「自分でつくる 組み立てる ヘクセンハウス」1,490円(税込)

ただし、クッキーが割れやすいためオンラインストアでは扱いなし。実店舗でしか買えないので注意です。

あと、飾りはサンタさんしか入っていないので、自分でいろいろ用意する必要があります。

それでも自分でつくった感は楽しめるし、なにより手軽。

できあがりはこんな感じ。どちらも、それぞれに楽しいですよ!

今からつくって一足先にクリスマス気分を味わうにも、クリスマス当日にみんなでわいわいつくってみるのも楽しそうです!

自分でつくる 生地からつくる ヘクセンハウス

あわせて読みたい:


Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking