ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

リビングの中心に薪ストーブがあるわが家。

ストーブのそばで使う、掃除用具や大きめの道具などを収納するケースを探していたとき、そのデザインのかわいさに一目惚れしたのがasobito(アソビト)のツールボックスです。

帆布の生地も素敵だし、家の中でも使いたい!と購入したツールボックスは、機能性も想像以上のものでした。

防水帆布でガンガン使えるasobitoのツールボックス

asobito(アソビト) ツールボックス Mサイズ
5,390円(税込)

無骨ながらシンプルなデザインが魅力的なasobito(アソビト)

ブランド名は遊び(asobi)と外(soto)を組み合わせた造語で、その名の通りアウトドアでガシガシ使っても長く愛用できるアイテムです。

本体は、ロウ引き加工により撥水加工を施した防水帆布でつくられていて、触ってみるとゴツゴツした頑丈なつくり。

購入した当時から表面には傷のようなものが付いていますが、これも防水帆布の風合いのひとつです。

使い込むほどその風合いを楽しめそうでワクワク。オリーブの色合いや帆布の風合いがアウトドア気分を盛り立ててくれます。

購入したMサイズは縦15×横42×マチ15cmの大きさで、フラップ式のフタを開けると中身も見やすく物を出し入れしやすいつくり

底面と側面はベルポーレン素材でボックスの形状をしっかりキープしてくれるので、物をたくさん入れても型崩れしにくいデザインです。

ハンマーやペンチなど工具入れにも

asobitoのツールボックスは、ハンマーやペグ、キャンプ料理で使うカトラリーや調味料の収納に最適。

底板も付いているので、重さのある工具類を入れてもしっかりとしています

フタ部分にはメッシュの小物入れもあるので、無くしやすい小さな物の収納にもおすすめです。

他にも筆記用具類を全部ひとまとめにして、作業のときにはツールボックスごと移動してしまうのも便利。

水や油汚れなどにも強いので、屋外はもちろんのこと家の中で使ってもOK

サイズは他にXS、Sサイズとあるので、使い場所によってサイズを選ぶといいかもな。

燃えにくいから火の周りでも安心だね

生地はトラックの幌やテント、相撲のまわしなどに幅広く使われている9号の綿帆布。

ナイロンと比べて素材自体の引き裂き強度が強めで、天然素材のため燃えにくいのが特徴です。

わが家では薪ストーブの周りの、着火マンや掃除用品を入れて使っています。

ストーブ周りには燃えにくいものを、と思ったけれど、このツールボックスは最適かも。

ツールボックスがあるだけで、出しっ放しにしていたストーブ周りの小物もスッキリ。

ストーブ周りは灰も舞いやすいですが、汚れを気にすることなく使えるのもお気に入りポイント。

その特徴を生かして、キッチン周りや脱衣所、お庭道具入れとしてなど、使う場所を選びませんよ。

残念なところ:他のカラーもあったらいいな

現在発売されているのはオリーブとキャメルの2色ですが、できればもう1色くらい選択肢があると嬉しいかも。

とはいえオリーブとキャメルのどちらの色合いも、深みのある魅力的な色なので購入する時に長い時間悩んでしまうほどでした。

アウトドア用品の機能性を日常生活に取り入れる

アウトドア用品は今までほとんど使ったことがなかったけれど、使ってみるとその機能性とデザイン性の高さに驚くことばかり

asobitoのツールボックスもそのひとつ。

防水だけど燃えにくい、頑丈なツールボックスは家のあらゆる場所で活躍してくれそうです。

asobito 激しく使える防水帆布ケース[BigWing]

あわせて読みたい:


ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

西村優紀子。楽曲制作・執筆のモットーはシンプルなこと。「家」を軸にしたライフスタイルを大切にし、日々の暮らしを楽しんでいる。現在2歳と0歳の息子の育児に奮闘中。 編曲作品は株式会社ウィンズスコアから出版中。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking