舟津カナ

舟津カナ

7

冬のアウトドアで気になるのが、あたたかさを追求したがゆえの着ぶくれ。

テント設営や釣りなど、服を着こんでいると腕が動かしにくい……。

そんな問題を解決してくれたのが、パタゴニアの「クラシック・シンチラ・ベスト」でした。

腕がないから動きやすい!

いままで「寒いのに何で腕のないベストを着るの?」とベスト否定派だった私ですが、パタゴニアのフリースベストを着るようになってからはすっかり「ベスト好き」に。

ダウンなどのアウターの下に着ることも、厚手のトレーナーの上から羽織ることもできるのがうれしいんです。

それに、着込んでも腕はスッキリしていて、動かしにくいことがありません

軽くてあったかいフリース素材

他にもベストはいくつか持っていますが、その中でもこれはフードがなく266グラムとかなり軽量。フード付きの服とも合わせられます。

ただ、フードがない分「耳や首が寒いのでは?」と思ってしまいますが、襟が長く、ファスナーを上まで上げると鼻まですっぼり覆うことができるので、鼻や耳の防寒にも役立っています。

また、フリースは毛玉になりやすいですが、これは毛玉防止加工済み

筆者はもう5年以上愛用していますが、全然毛玉ができません。色落ちもしないので、何年使ってもクタクタ感が出ないのもうれしいポイント。

ポケットからモノが落ちない

両サイドには大きめのポケットがついていて、携帯電話や鍵など貴重品がスッポリ入ります。

ファスナーも付いているので、体を動かしても落ちる心配はなし

寒い日は手がスッポリ入るので、ポケットで暖を取ることもできますよ。

残念な点:かさばる…

軽くてあたたかいフリース素材。

とはいえコンパクトに畳むことができないので、持って行くときに多少かさばる点が残念かな……。

シティユースでも使いやすい

パタゴニア定番のベストですが、毎年少しずつ色やデザインにも変化が。

シンプルなモノもあれば、私が持っているようなカラフルなデザインのモノもあります。

アウトドアではもちろん、スカートやワンピースとも合わせやすく、普段のコーディネートに取り入れやすいのもうれしい。

通勤で自転車を使う私の友達は、腕が動かしやすいので冬場はこのベストで毎日通勤しています。

今年の冬も、アウトドアにシティユースに、たくさんお世話になりそうなベストです。

クラシック・シンチラ・ベスト[パタゴニア]

あわせて読みたい:


舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking