Kanro

Kanro

1

軽い布団で眠りたい。

明け方の寒さをしのごうと布団を重ねまくった近頃、切実にそう思うようになってきました。

今年こそちょっと奮発して、羽毛布団デビューしちゃおうかな……。

ついに買いました

無印良品「グレー羽毛掛ふとん・軽量一層式/S」税込19,900円

ピンからキリまで様々な羽毛布団なので、初めの1枚は信頼の無印良品で買いました。

羽毛100%かつ2万円以下と手が出しやすいのと、ケース付きで収納が楽なところが決め手。

厚み別に4種類ある中、価格とボリュームのバランスから「軽量一層式」をチョイス

贅沢なボリュームタイプは冬しか使えないし、逆に薄掛けは寒い時期には心もとないかな……ということで、真夏以外は通年使えそうなこのタイプに決めました。

広げてみて、気になる羽毛の匂いもなく一安心です。

カバーにも一工夫

早速使うために、一緒に購入したカバーを装着

素材は定番の洗いざらし綿。こちらも「通年使える」が決め手でした。

「ぱぱっと着脱簡単仕様」とのことです

左右の隅に切れ込みがあるので、

ここから手を入れて布団の両端をつかみ、

そのまま真下へ振り落とすだけでストンとカバーがかかるスムーズさは感動ものです!

今まで布団のねじれや長いファスナーと必死に戦っていたのは何だったのか……ちょっと空しくなりましたね。

あとは固定するだけ

あとは、つかんでいた端をスナップ止めで固定し、

足側のスナップも同様に止めて完成です。

こちらは生地が2重になっているので自然とカバーされますよ。

残念なところ:カバーがズレやすい

つけ外しがカンタンなのはいいんですが、足側の開口部が大きいのでたまーに朝起きるとズレていることが

上に毛布を掛ける今の時期はそれほど問題ありませんが、1枚で寝るとなると、カバーが捲れて布団が汚れないかちょっと心配です。

寝相が気になる人は、カバーに関しては別のメーカーでもいいかも……

寒い冬の朝もポカポカをキープ

布団に入った第一印象はとにかく軽い! そして暖かい

去年まではあったか素材の化繊の毛布を何枚も重ねていましたが、重さから解放されただけでなく、やっぱり暖かさが段違いです。

また、静電気が起きにくくなったのもうれしい変化でした。

毎晩、冬の幸福度はお布団で決まるんだなぁ……と実感中。購入前はちょっとお高めと思っていましたが、この心地よさを知ると納得です。

しかも、暖房なしで朝まで快眠でき、電気代や乾燥対策にもなるので、かなりいい買い物ができたなと大満足中。

専用収納袋が満点

取手つきの外袋は、高い所に収納しても取り出しやすく脇役ながらいい仕事をしてくれてます。

サイズとボリュームが一目瞭然なので、家族で違う布団を使うときにも助かるな、と思ったり。

いい布団をゲットしたことで古い寝具を整理する機会にもなり、クローゼットもスッキリしましたよ。

春夏は1枚で、秋冬は毛布と合わせて、調節しながら通年大事に使いたいな、と思います。

グレー羽毛掛ふとん・軽量一層式/S [muji.net]

あわせて読みたい:


Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking