タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

2

こんにちは!ガチキャンプが好きなアウトドアライターのタカマツミキです!

いきなりですが、私はめんどくさがり屋。持っているダウン製品は全てノーメンテナンス状態なのです……。

「これではいかん」と思い、ダウン専用の洗剤を購入し、メンテナンスをしました!

とても簡単に綺麗に仕上がったので、その洗剤をご紹介しちゃいます~!

ご自宅の洗濯機で洗うことができる!

Granger「ダウンウォッシュ」1,000円(税別)

私が今回購入したのは、Grangers(グランジャーズ)の「ダウンウォッシュ」

この製品は洗濯機投入タイプであるため、手洗いではなく洗濯機でダウンを簡単にメンテナンスすることができます。

「手洗いはちょっと…」という、私と同じめんどくさがり屋さんにピッタリ(笑)!

しかも1,000円って、お手頃価格ですよね。クリーニングに出すよりも経済的なのが嬉しいポイント!

使い方も簡単!

洗濯機でできるといっても、「まだまだ難しそう…」そう感じる方もいると思いますので、実際に洗濯工程をご紹介しちゃいます!

ジッパーを閉める。

ネットに入れる。

水量を32Lに設定、脱水はしない。※脱水すると生地(防風・防水素材)を傷める可能性があるのでNGです。

キャップ一杯の洗剤を投入し、約10分くらいそのまま放置。

スタートさせて洗濯が終わったら、手押しで脱水をする。

手押しで脱水したあと、バスタオルを使ってさらに押して脱水しました。

ダウンを手でほぐしてから、風通しの良いところにかけて干す。

乾いたら、完成です!

残念なところ:手でほぐすのがめんどうかな

唯一残念だなと感じたのは、手でほぐすのがめんどうだったことです。

ちまちま作業&どこまでほぐしていいのか分からず……。

乾いてからも、ちょっとしたダウンの偏りがありました。

ですが! コインランドリーに行って、テニスボールと一緒にダウンを乾燥させると、手でほぐす作業がなく偏りを防いでくれますよ。

近くにコインランドリーがある方は、コインランドリーでの乾燥をおすすめします!

ダウン製品なら寝袋も洗えちゃう

ダウンウォッシュは、ダウンのジャケットや寝袋はもちろん、化繊のアイテムも洗濯できます。

まだメンテナンスをしていないジャケットや寝袋を綺麗に洗濯をして、ベストな状態でシーズンインできるようにしましょう!

気になる人は、ぜひチェックしてくださいね~!

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking