南條祐弥

南條祐弥

5

先日、友人に「便利なキッチングッズがあるよ〜」と教えてもらいました。

しかも、家だけでなくアウトドアにも役立つんだとか。

話を聞くと災害時にも活用できそうなのでさっそく購入!

食材保存や調理に使えて万能なアイラップを使ってみました。

袋のラップ、アイラップ

岩谷マテリアル アイラップ 税込247円

アイラップは、ラップとポリ袋の2つの性質をもった商品です。

食材を保存したいときに入れて包みます。

横25cm×縦35cm。

マチがあるので、見た目以上に入りますよ。

野菜や果物もマチ付きだから、袋が突っ張ることなく納まりました。

食材にとどまらず、小物の整理整頓にもおすすめです。

優れた耐熱性と防湿性

薄手ではありますがしっかりと頑丈。

耐冷温度が-30度なので、冷凍・冷蔵庫で使えます。

耐熱温度は約120度! 電子レンジ、熱湯ボイルにも対応できます。

さらに、防湿性が高いので食材の鮮度を保ってくれるんです。

燃やしても有毒ガスが発生しない環境にやさしい素材なので、便利なだけでなく安心して使えそうです。

複数のおかず調理を同時進行できる

アイラップがあれば、ひとつの鍋で複数の食材を加熱できます。

こんなふうにひとつの鍋に3つの袋を入れて調理すれば、同時におかず3品を作れるんです。

食材と調味料を混ぜて加熱する、この作業がアイラップ1つで完結します。

ボウル代わり使えるので、食器を洗う手間も省けますよ。

食べ物の好みに合わせて作れますし、アレルギー対応も可能です。

残念なところ:加熱調理の際は気をつけて

アイラップのパッケージには、加熱調理の際は耐熱皿をご使用ください。と記載されています。

鍋肌に触れると耐熱温度を超えてしまう心配があるからです。

湯煎するときは、空気を抜いて口を結ぶといいですよ。

食材が浮いてくることなく、しっかり加熱できます。

空気を抜いたつもりでしたが、加熱していると袋が膨らんできました……。

破裂はしませんでしたが気をつけてくださいね。

ちょっとコツがいりますが、水に沈めれば空気を抜きやすいです。

レンジで使用するときは、密封すると破裂してしまう可能性があります。

ふんわり包んだり、穴を開けて空気の逃げ道をつくったり工夫してくださいね。

そのほかにも、油性の食品は加熱しないなどの注意点も。

説明をしっかり読んでから活用しましょう。

片手で取り出せる三角デザイン

パッケージは、三角形でコンパクト

最後の1枚まで、取り出しやすいように工夫されたデザインだそうです。

自立するし、片手で取り出せるので使いやすいですよ。

キッチン仕事中、片手で袋を取り出せるのは助かります。

アウトドアや災害時にも活躍しそう

米と水を入れてご飯を炊いてみました。

米80gと水120mlをアイラップに入れて、空気を抜いて口を結んで30分置いておきます。

火にかけて、沸騰したら火を弱めつつ沸騰状態をキープ。

沸騰後20分で火を止めてから、10分蒸らせば完成です。

意外と美味しく炊けたことに驚きました。

少し冷めた頃に、おにぎりにすれば箸やスプーン要らずで食べられます。

ボウル代わりに使えたり、そのまま器として使えたり。

洗う食器の量を減らすことができるので、アウトドアや災害時にも使えそうです。

アイラップには、シリーズ商品がいくつか出ています、ぜひ用途に合わせて選んでくださいね。

あわせて読みたい:


南條祐弥

大阪出身、東京在住。食と健康、女性のライフスタイルについての記事を執筆する薬膳ライター。家族が笑顔になる、暮らしが豊かになるアイテムを探すのが好き。家事・育児経験を生かし、衣食住が楽しくなる情報を発信します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking