ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

街中のイルミネーションや、店頭に飾られたキラキラしたオーナメント。

クリスマスの季節になると気分がワクワクするわたし。

去年購入したLOWYAのクリスマスツリーは、種類も豊富でカスタマイズする楽しさもあります。

サイズも価格も“ちょうどいい”クリスマスツリー

LOWYA 150cm クリスマスツリー ぬいぐるみオーナメントセット LEDライト付
税込13,990円

せっかく買うなら高さのあるもので、オーナメントが可愛くて、枝のリアルさも絶対欠かせない。

安価なものから高価なものまでピンキリですが、お値段もクオリティもちょうど良かったのがLOWYAのクリスマスツリーなんです。

高さは120センチ、150センチ、180センチから選ぶことができ、私が選んだのは150センチタイプ。他のオーナメントのタイプでは210センチのビッグサイズもあります。

本体は中間の高さから2つに分解されて梱包されており、脚も付いています。

2種類の枝がまるで本物のよう

グラデーションがかかった新芽のようなリアル枝は、枝から葉までがひとつのパーツになっているため葉抜けもナシ。

古い枝を演出したフィルム枝は多少葉抜けがありますが、リアル枝とのミックスでより本物に近い色合いに。

近くで見ても遠くから眺めても、本物の木のような質感がとても気に入っています。

実物を見てないし、結構葉抜けするんじゃないかな〜と不安でしたが、組み立て後はほんの少しフィルム枝の葉が抜け落ちただけでした。

あたたかみのある手作りオーナメント

サイズを選んだら、あとはオーナメント選び。

ベーシックな本格派から、モフモフオーナメント、スパンコールオーナメントなど色合いも形もさまざまで、どれにしようか悩んでしまうほど。

わが家では自宅のインテリアや子どもたちのことも考えて、あたたかみのあるぬいぐるみオーナメントにしています。

これには息子も大喜びで、「ゆきだるまさん!となかいさん!これなに?」と言いながら、今年は一緒に飾り付け。

ぬいぐるみはすべてハンドメイドで、ニュージーランド産の羊毛でつくられています。

飾ってみると一般的なツリーと雰囲気が異なり、ほっこりとした印象です。

私はセットで購入しましたが、LOWYAではツリーとオーナメントのバラ売りもできます。

どれを買おうか漠然としたイメージだったので、サイズやタイプから探すこともできるのがとっても便利でした。

自分流でカスタマイズを楽しむ

今年はLOWYAのオーナメントを買い足そうかな、と思っていた時にオーナメントが豊富と聞きつけてニトリへ

LOWYAで購入したようなぬいぐるみオーナメントはあまりありませんでしたが、ゴールドやシルバー、ラメ入りなど大小さまざまなボールのオーナメントがたくさん!

あまりの可愛さに2箱を購入して、早速飾ってみました。

質感は異なるけど、今年は華やかさが増した感じに……!

浮気してオーナメントをニトリで買っちゃったけど、来年はLOWYAのオーナメントを買ってまた違った雰囲気にしたいな〜!

残念なところ:電飾はリモコンがあると便利そう

電飾はやわらかな光のLEDライティングボールで、主張し過ぎないほのかな光

点滅などはせず、スイッチで点灯するだけのシンプルさです。

初めて購入したクリスマスツリーにテンションも上がりましたが、毎日コードのスイッチを探して点灯するのはやや面倒

リモコンでON/OFFができたり数種類のパターン点灯ができるツリーもあるみたいなので、それはかなり便利だな〜と思いました。

けれどこのほのかな光は結構お気に入り。オーナメントのやさしい雰囲気とも相性が良く、派手過ぎないのが良いです。

今から購入してもクリスマスには間に合う!

実は私が去年ツリーを購入したのはクリスマス直前。届いたのはクリスマスの10日前でした。

LOWYAのオンラインショップでは、商品ページにいつからいつまでの間に手元に届く、いち早く届けることができるよ、ということが記載されています。

今から購入してもまだまだクリスマスの雰囲気を存分に味わえそうですよ。

本格的でクオリティも高く、高級感あるLOWYAのクリスマスツリー。

昼と夜とでは雰囲気も異なりインテリアとして楽しめる、わが家の自慢のツリーなのでした。

[150cm]クリスマスツリーぬいぐるみオーナメントセット LEDライト付き[LOWYA(ロウヤ)]

あわせて読みたい:


ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

西村優紀子。楽曲制作・執筆のモットーはシンプルなこと。「家」を軸にしたライフスタイルを大切にし、日々の暮らしを楽しんでいる。現在2歳と0歳の息子の育児に奮闘中。 編曲作品は株式会社ウィンズスコアから出版中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking