しば

コーヒーをドリップする時間って好きなんですが、忙しい朝はどうしても時間がなかったりします。

そんな時に無印で見つけたのがティーバッグならぬコーヒーバッグ。

こいつのおかげで、ズボラな私でも手軽に美味しいコーヒーを楽しむことができるようになりました。

コーヒー一杯あたりアンダー50円

オーガニック オリジナルブレンド コーヒーバッグ 56g(7g×8袋)消費税込390円

無印から9月に発売されたばかりのコーヒーバッグ。

言うなれば紅茶のティーバッグのコーヒー版です。

オリジナルブレンドとカフェインレスの二種類があります。

嬉しいことに8袋入りで一杯あたり48.7円とお財布に優しいお値段。

コンビニコーヒーや缶コーヒーより安価なのは助かります。

でも、肝心の味はどうなのか……? 今回はオリジナルブレンドを挿れてみます!

ティーバッグとは違う大きいバッグ

ティーバッグよりふた回り以上大きい無印のコーヒーバッグ。

パッケージを開けた瞬間コーヒーのいい香りがします。

この香りだけでもインスタントコーヒーとは比べものにならないです。

お湯を淹れたら置くだけ3分

沸騰したお湯を140〜180ml程注ぎます。

この時、仕上がりが薄くならないように、コーヒーバッグをしっかりと沈めるのがポイントです。

お湯を入れたら3分程待ちます。

仕上げにバッグを上下に10回程揺らします。

味の濃さは、バッグを淹れておく時間や上下に揺らす回数を増やして調整できます。

残念なところ:3分待つのでアツアツでは飲めない。

1カップ分の少ない湯なので3分経つとアツアツのコーヒーを飲むことはできません。

私のように猫舌の人には飲みやすい温度になりますが、アツアツが好みの方はフタするなどした方が良さそうです。

忙しい時でも本格的な味でリラックスできる。

実際に呑んでみるとインスタントコーヒーとは別格。

少し酸味が目立ちますが、この手軽さで本格的な香り、味。今までなかった美味しさです。

コーヒーをドリップするのって手を離せなくて大変でした。

ですが、このお湯を入れて置いておくだけのコーヒバッグがあれば、これからは忙しい日々の隙間時間に美味しいコーヒーを楽しめそうです。

オーガニック オリジナルブレンド コーヒーバッグ[無印良品]

あわせて読みたい:


ライターは神戸出身の通信空手初段。学生時代は木工で木に触れ、社会人になりレザーブランドメーカーにて革を学ぶ。たまに出てくるカメラマンは東京高尾出身のしゃっくり止め5段。夫婦の共通点は日本酒と山派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking