oh!ga

oh!ga

1

キャンプの頻度がどんどん上がっているohgaです。(年10回以上)

焚火のために薪をいろいろなところで買うんですが、乾いてない薪に当たることもしばしば。

乾いていないと、煙が多くて燃えにくいんですよね。焚火タイムのQOLが下がっちゃいます。

そこで、薪を買って家で乾かしておこうと、薪棚をカンタンDIYしちゃいました。

作ったっていうか…おいただけ

DIYしちゃいました。って言っても何も作ってません。

ホームセンターで高さ75cmのソーホースを買ってきて、下段に薪を積んでいるだけ。

※編注:ソーホースとは、木材などをカットする際に使う簡易な作業台のこと

大体下段が30cmほどなので、一般的な薪のサイズ30~35cmがちょうど乗るんですよね〜。

ベランダの作業台にも

OSBの合板を切っておけば、テーブル(作業台)にも早変わり。釘もネジも一切使わずです。

元々はベランダに作業台がほしいなーと思って、その脚として買ったので、薪棚兼テーブルとして活躍してもらっています。

ソーホースが1脚2000円。OSB合板が980円なので、だいたい5000円で幅約2メートルのワークデスク&薪棚ができちゃいました。

残念なところ:持ち運びには不便

このままキャンプに持っていって、薪棚兼ワークデスクとして使おうかなと思ったんですが……。

薪を移動用にBOXに入れて、キャンプ場で出して薪棚に並べて、帰ってきたらにまたBOXに薪をいれて、薪棚に戻す……。

この作業がめんどくさ過ぎで保留状態です。もう1セット薪棚ワークデスク作るのも無駄だしな~。悩ましい。

乾いた薪で快適な焚き火ライフ

キャンプサイトで薪を買うと、通常の倍値になってしまうことも

僕は薪屋さんで事前に購入して必要な分だけ持っていくことにしています。そうすると3キロで3~400円くらいですかね。

だいたい1年~半年ほどベランダで乾かすので、使うときにはカラっとした燃えやすい良い薪に育ってくれています

ベランダで薪をみてるとキャンプ気分が高まってハイペースで消費しちゃうので、また薪を買い足さなきゃな~。(ウキウキ)

あわせて読みたい:


oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking