ナガソクミコ

ナガソクミコ

2

煮物や揚げ物など、料理にあわせてどんどん増えるのがキッチン用品。

長年愛用していた“とあるお鍋”が、実はいろんな料理に使えることを発見!

フランス生まれの鋳物鍋

ストウブ「ピコ・ココット ラウンド 22cm」33,000円(税込)

料理好きの定番といえば、ストウブのお鍋。

いろいろなバリエーションがあり、すでに持っている人や、購入したいな〜と思っている人も多いのではないでしょうか?

フランスで生まれたストウブは、鋳物ホーロー製。

ずっしりと重厚でフタに特殊な加工がしてあるので、水分を対流させて料理ができるんです。

つまりは、食材の美味しさそのものを閉じ込めた料理ができるということ!

肉や野菜の煮込み料理にピッタリで長年愛用しているのですが、こんな使い方もできちゃいました!

お米を炊けばふっくらおいしい

実は、炊飯もできるんです。

フタを少しずらして中火にかけて、沸騰してきたらフタを閉めて弱火で10分弱。カンタンにお米が炊けるんですよ〜。

この通り、お米がふっくらツヤツヤに……!

土鍋を使っていたこともあるんですが、ストウブの方が焦げにくく短時間で炊き上がるな〜という印象です。

揚げ物が苦手でも安心!

こちらはフライドポテトです。

揚げたての揚げ物っておいしいんですが、家だと油がハネてしまうのでちょっと苦手……。

そんな人にこそオススメしたいのが、ストウブで揚げること

水にさらしておいたジャガイモをストウブで揚げていきます。

油が熱くなったら、火の中へ……。

そして、フタを閉める!この、フタを閉めるところがポイントです。

ストウブは水分を対流させることができるので、食材の水分を閉じ込めたまま揚げられるんです。

焦げないように、途中でフタを開けて様子を確認してくださいね〜。

ポテトの次は、衣をつけたタラを揚げていきます。

こちらも必ずフタを閉めてくださいね。フタを閉めることで、油もハネません

これだけでカンタンにフィッシュアンドチップスのできあがり〜!

ジャガイモもタラも、ジューシーでふっくらとした味わい。お店で食べるよりもおいしいんじゃないかなと思うくらい。

普段の食卓だけでなくホームパーティーなどにもオススメです!

もちろん、ストウブが得意とする煮込み料理やスープなんかにも最適。

お鍋ごとテーブルに出しても食卓が華やぐので、盛り付けする手間や洗い物も減らしてくれるんだよな〜。

残念なところ:見た目の通り、重い

長年愛用してもまったくへたることなく、手入れもカンタン!

サイズ違いで購入したいと思うほどお気に入りのストウブですが……。そう、重いんですよね。

私が愛用している22cmのラウンドサイズのもので、なんと4kg弱。置き場所も考えてから購入しないといけません。

デザインも気に入っているので、こうしてディスプレイのように置くのもかわいいですけどね。

ストーブの上で煮込んでも!

私が住む北海道は、もう雪が降り始めています。

ストーブの上で調理すると、ガス代の節約にもなって一石二鳥です。

ひとつあればいろいろな調理方法ができるストウブのお鍋。自分なりのアレンジを加えて、楽しく料理してくださいね〜!

ピコ・ココット ラウンド 22cm[ストウブ]

あわせて読みたい:


ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking