ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

毎日のご飯を作る場所、「キッチン」。

必要なものがゴチャゴチャと置いてある所がいい、スッキリしていた方がいい、家族の顔が見えるキッチンがいい……。

暮らす人の価値観によって、その在り方は様々に形を変えていきます。

そこで今回は「みんなの部屋」で紹介した部屋の中から、皆さんのこだわりのキッチンを集めてみました。

子どもの姿が見えるようにこだわったキッチンダイニング

東京都にある東村山駅から徒歩15分強の場所にあるのは、山設計工房で働きながら個人活動「むら家」を展開する、一級建築士の飯塚啓吾さんファミリーの家。

料理をしながらお子さんの様子が見えるキッチンカウンターは、亜衣さんの強いこだわりで生まれた場所です。

「別の場所にいながらも、なんとなく家族が繋がっていられるように、仕切りのない家にしたかったんです。

スペースが限られているので、ダイニングテーブルとキッチンの作業台を兼ねました。なので、一般的なダイニングテーブルより少しだけ高くしてあります。カウンターの下は食器や調理器具の収納スペースにして、なるべく家具を置かなくていいようにしてもらいました」(亜衣さん)

詳しくはコチラ↓

あえて飾らない実家のようなキッチン

ユニークな出会い方をした周平さんと菜生さんが暮らすのは、神奈川県川崎市にある部屋。

そこにあったのは、菜生さんがおいしい和食をふるまう“実家レベル”のキッチンでした。

「実家に住んでいた頃、週一でオカンの帰りが遅い日があって、そんときにはお父さんと晩酌用にごはん作ってて。お父さんに作るから、和食ばっかり。やから、あんましゃれた調味料とかはありません」(菜生さん)

コテコテの関西キャラと、混ぜごはんの素朴な薄味。そのバランスにホッとするのでした。

詳しくはコチラ↓

家の中で一番明るいキッチン

京都駅からバスで10分ほどの下京区エリア。

駅周辺のにぎやかさから少し離れた、落ち着いた住宅街にある家。

きものシェアクローゼット&サロン・水端を運営する「ゆっけ」こと太田由恵さんは、キッチンで過ごす時間が最も長いとのこと。

コーヒーを淹れながらキッチンでデスクワークまで行うことも多いそうで、キッチンには作業スペースも隣接しています。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking