sato

sato

毎日毎日、洗っては干して、洗っては干して。

マシーンに半分はお任せではあるけれど、洗濯という家事がなくなることはありません。

でも、数年前に洗剤をコレに変えてから、家事のうち洗濯がしめるウェイトがちょっとだけ低くなりました。

水に還る洗濯洗剤海へ…

がんこ本舗「洗濯洗剤 海へ…Step ポンプ付きボトル500g」3,080円(税込)

3年ほど前に友人に進められて使いはじめた洗濯洗剤が「海へ…」。

海洋タンカーの事故処理研究から生まれ、水に還る「易分解性」のやさしい洗剤として、環境意識の高い友人たちの間にジワジワと広がっていました。

でも使ってみると、地球はもちろん、私にもすごくやさしかったんです。

な、なんと、すすがなくてOK

多孔質物質の隙間に汚れを閉じ込める技術で、洗った後、落とした汚れを再付着させないことに成功……。

結果、すすがなくてOKという驚異を実現しています。

ただドラム式の場合、使用する水量が少ないため、すすぎ1回が推奨されています。

わが家はドラム式なので、すすぎ1回コース。1分1秒でも早く洗って干したい朝、それだけでもかなりの時短になります。

洗剤をあれこれ揃える必要なし

コレを使う前は、いつもの洗剤、おしゃれ着用洗剤、柔軟剤を揃えて、洗う物によって使い分けていました。

海へ…STepは、綿、麻、合成繊維の他、ウール、シルク、ダウンなどドライマークの衣類も洗えるというオールマイティさ。

もちろん、柔軟剤も不要です。その結果、常備している洗濯洗剤は、海へ…STepと漂白剤だけになりました。

ふだん使いのセーターなどはネットに入れて、いつもの洗濯物と一緒に洗濯機へ。

セーターを一緒に洗う時は、洗濯機のモードをおしゃれ着モードに設定すれば安心。よっぽど汚れがひどくなければ、ふだんの洗濯物もそれでキレイになります。

実はカシミヤも洗ってしまっているのですが、コレだけで手触りを損なわずに洗えます。

ただし洗濯表示ではクリーニングを推奨していたりするので、ここは自己責任で。

思い入れの強いものや高価なものはクリーニングが間違いないかと思われます。

全部の洗剤がこの仕様になればいいのに

お気に入りポイントが、プッシュ式の形状。

液体の洗濯洗剤はフタで測ることが多いですが、いつの間にか注ぎ口がベトベト、なんてことも。

プッシュ式なら洗剤投入口に必要な回数プッシュするだけ。1プッシュで約1mlです。

残念なところ:近所では調達できない

海へ…Stepは、近所のドラッグストアやスーパーなどには残念ながら置いておらず、いつもオンラインショップで購入しています。

残量を確認して、なくなる前に注文するのを忘れないこと。詰め替えパックもあるので常備しておくと安心です。

実はコスパもいいのよ

海へ…Stepは、税込で3,080円。洗剤としてはかなり高価です。

でも1回の使用量が少ないため、500ml入りのボトル1本で洗濯約100回分。

3ヶ月分とすれば、それほど気になりません。むしろすすぎの回数も減って水も時間も節約できるなら、トクなような気もします。

ドラッグストアでなんとなく買っていた洗濯洗剤、ちょっと視野を広げて選んでみると手放せないくらい、洗濯が快適で気持ちいい家事になりました。

洗濯洗剤 海へ…Step ポンプ付きボトル500g[がんこ本舗]

あわせて読みたい:



sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking