oh!ga

oh!ga

6

夫婦2人そろってキャンプ好きなのですが、2人だとタープそんなに使わなくて。

どちらもめんどくさがりなので、タープ一体型のテントを探してました。

色々条件があったんですが、DODの「ヤドカリテント」がちょうどよかったんですよ。

”本当に” タープいらず

早速張ってみたお姿がこちら。タープのスペースが本当に広い!

タープの張り方としては、入口部分をポールで跳ね上げて作ります。

タープ一体型の中でもヤドカリテントが特徴的なのは、タープ用の布地が予め収納されていること。

ファスナーを開ければ、布地が広がり、より広いスペースを確保できます。

バッグでファスナーを開けるとサイドのマチが広がって、容量が増えるのに似てますね。頭いい~。

身軽と時短!

2人キャンプであればヤドカリテントだけで十二分。しばらくこのスタイルで行こうと思います。

最大で6人用ですが実際に使ってみると、寝室・リビング部分共に、4人くらいまでが無理なくタープいらずでキャンプできそうな予感。

準備の時間も持ってく荷物も少なくなりますし、現地での設営時間も短くなるので、ラク〜。

残念なところ:インナーが弛んでくる

内側のインナーテントは、外の雨風を防ぐアウターテントとの二重構造です。

でも、インナーを入れたときに、インナーとアウターをつなぐフックとループがないんですよ。

これがないとインナーが自重でちょっと弛んで来ちゃうんですよね。

2人で使ってる分にはまったく問題ないんですが、できれば居住区間は広く使いたいので、これほしかったなー。

譲れない思いと手頃なお値段

余談ではありますが、個人的にはタープ一体型以外の条件はまず、「ティピーテント」であることでした。

三角形の「THE キャンプ」なフォルムのやつなんですが、可愛らしくて大好きで。

あとは、色がグレーであること。チェアやクーラボックスをグレーにしているので、統一感を出したいなと。

あとは、テントのそばで焚き火ができること……だったんですが、この条件だと意外と難航して。

そしたら、ちょうど10月にDODからグレーのタープ一体型ティピーテントのコイツが発売!

しかも、類似のテントだと10万超えちゃうのもあったんですが、5万円代とお手頃なのがぶっちゃけ決め手でしたね。ありがとうDOD!

あわせて読みたい:



oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking