sato

sato

7

冬はすぐそこ! 上半身はモコモコに重ね着できるけど、下半身はそうはいきません。

そんな時、1枚で味方になってくれるのが、patagoniaのフリースパンツです。

去年から欲しいと思っていたら、今年いい感じにモデルチェンジしてきました!

毎年人気の定番アイテム

「ライトウェイト・シンチラ・スナップT・パンツ」¥14,850(税込)

冬の防寒着の定番フリースをはいたら、それはあたたかいに決まってますよね。

お尻のポケットも可愛いくて、去年も人気のアイテム。

寒くなる前に手に入れておこうと今年は早々と試着に行くと、モデルチェンジしたとのこと。

主な変更点はシルエット。patagoniaラバーなら覚えているかもしれませんが、去年までは裾がパイピング仕様でよりカジュアルな印象でした。

今年は裾のパイピングはなし。シルエットも若干スッとして洗練された感じがします。

意外と合わせやすいのよ

私は白くまカラーがかわいいOatmeal HeatherのXSを購入。

カラーは合わせやすい4色で、他にBlack、New Navy、Nickel、Oatmeal Heatherがあります。

シルエットがきれいなので、普通の白パン感覚で普段着に合わせられます

手触り抜群のフリース素材、はいてみると今の時期は暑いくらいヌクヌク。これは期待できます。

スウェット感が出ない工夫

ウエストはバックルを備えたベルト付きで、脱ぎはきもラクラク。

さらに気が利いていると思ったのが、フロントフライ風のデザインがされていること。

縫い合わされているため実際は開かないのですが、これによってスウェット感が排除されて街着感が増します。

もちろんアウトドアでも!

数々のフリースアイテムを送り出すアウトドアブランドpatagonia。もちろん、アウトドアでも本領発揮!

試しに海沿いを歩いてみると、だんだん冷たくなってきた海風も心地いいくらい。

冬キャンプでの寝巻きや、山小屋での部屋着としても活躍してくれそうです。

残念なところ:メンズのみ。女性は裾上げが必要かも

去年は確かウィメンズの展開もあったのですが、今年はメンズのみとのこと。とても残念です。

154cmの私はXSでもちょっと長かったので、裾上げをお願いしました。

ただ裾上げなしでたるませてはいても、それはそれでいい感じ。お好みで大丈夫かと思います。

洗濯機にポンっとできる気軽さ

あったか素材のパンツというと他にニットパンツを思い浮かべますが、洗濯に気を使う必要があり。

その点フリースは洗濯機で普通に洗えちゃいます。

海や山、公園で子どもと遊ぶ時にも着たいので、気軽に洗えるってとても大事。

こんなに快適でお手入れも楽チンなんて、気がつけば毎日はいちゃいそうです。

メンズ・ライトウェイト・シンチラ・スナップT・パンツ[patagonia]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking