OGMAX

OGMAX

16

有名なGORE-TEXパタゴニアのH2Noなど、防水透湿素材を使ったアウターを持っている方、

涼しくなってきて、今年もまた着始めているんじゃないでしょうか。

だけどちょっと待って

そのアウター、ちゃんと水弾いてますか?

中には染みてこないけど、表面にジトっと湿った感じが残ってませんか?

例えばこんな風に……。

私のパタゴニアのH2Noを使ったアウターは防水性が少し不安になってきました

というわけで、今年は着る前にしっかり洗濯して機能を復活させちゃおう

グランジャーズのクリーナーと撥水剤が良さそうだ!

グランジャーズ ウェアケア ツインパック〔ウェアクリーナ&撥水剤(洗濯機投入タイプ)〕 税込2,376円 

防水透湿素材のアウターってなかなか自分で洗う勇気が出ませんが、洗濯機で洗えちゃうものが多いんです!

洗濯タグは必ず確認した上でですが、専用洗剤を使って洗濯とケアをしてあげれば防水性も復活してくれます。

友人から預かった、数年洗っていないアークテリクスのGORE-TEXアウターも水がジトっと残ります。

私のパタゴニアのアウターと併せて2着、洗っていきます!

手順は簡単だよ

この緑のキャップの洗剤で綺麗にしてあげてから。

オレンジのキャップの撥水剤で機能を取り戻す!

同封されている説明書を見ながら進めていきます。

まず、本体のジップを全て閉めて〜っと。

まずは洗い。

一着につきキャップ一杯(50ml)なので今回は二杯入れます。

それぞれネットに入れ、洗濯槽に直接洗剤を入れます。

この時に他の洗剤と混ざらないように洗剤の投入口は空にしておきましょう!

すすぎは2回。

脱水は基本的には生地を傷めたり洗濯槽が壊れてしまう恐れがあるのでやらない方がいいそうです。

洗濯完了、撥水の工程へ!

洗濯が終わったら撥水剤の出番です!

こちらは白濁したミルクのような液。

一着の場合はキャップ二杯(100ml)二着の場合は三杯(150ml)必要です。

すすぎ2回、洗濯と同様の工程です!

終わったら押し絞りをして水気を切って……。

陰干しして乾かしていきます

熱処理でさらに撥水力を!

最後に熱を加えていきます。

当て布をして低温でアイロンをかける方法もありますが、今回は手っ取り早く低温乾燥にかけていきます。

ウェアによっては乾燥機NGなものもあるので、そういったものは陰干しでしっかり乾かして完了になります!

さて、20分乾燥して全行程完了!

効果のほどは…?

まずはパタゴニアのH2No!

完璧です

新品同様、水がほろほろとこぼれ落ちていく撥水性が復活しました!

GORE-TEXも完璧だ……!

予想以上の効果に驚きました、ここまで蘇るとは

撥水剤って特有のキツイ匂いがするイメージがあったのですが、グランジャーズの撥水剤は無臭

コレなら乾いてすぐに着ても撥水剤の匂いが気にならないね

使い続けて撥水しなくなったアウターをお持ちのアナタ、今年こそ洗濯してお気に入りの相棒を復活させてみませんか?

あわせて読みたい:


OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking