タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

7

こんにちは!ガチキャンプが好きなアウトドアライターのタカマツミキです。

以前、友人とのキャンプで「アウトドア用の薪ストーブ」を使用してから、薪ストーブが欲しくて欲しくてたまりませんでした…(笑)

調べてみると、北海道小樽市で薪ストーブを製造・販売しているところを発見!

実際に行ってみると、魅力的な薪ストーブを見て、勢いで購入しちゃいました~(笑)

購入後、試しに薪ストーブを使ってみたのですが、これまた大満足したのでご紹介しちゃいます~!

アウトドア用薪ストーブは意外に安い

私が購入させていただいたのが、北海道小樽市にある「新保製作所」の薪ストーブです。

お店に足を踏み込んだ瞬間、薪ストーブの素晴らしい世界に引き込まれました…!

見てください、この薪ストーブが映える店内。

こんな部屋に住みたい…!

私が購入したのは、「薪ストーブ タマゴ型(小)3号」と煙突類。

これ全て揃えて、なんと約8,000円!

1万円以下で揃えられるんです~!

実際に使ったら、暖かさがハンパない

実際に使ってみると、薪ストーブならではの暖かさが最高…!

なんていうか…薪が燃える音とともに、身体がふんわり暖かくなるんですよね。

自宅にあるストーブとは違い、身体の芯から温まるんです。

しかも、薪を継ぎ足すのもなんか楽しい。(笑)

秋から冬にかけてのキャンプや、春先の肌寒い季節のキャンプに、薪ストーブはピッタリですよ~。

残念なところ:煙突部分がかさばるかな…

筆者はできるだけ薪ストーブ一式の総額を抑えたかったので、通常の煙突を購入しました。

価格も使い勝手も大満足なのですが、唯一残念なところは収納しにくく積載時にかさばること。

ですが新保製作所では、小さく収納できるマトリョーシカ煙突があります。

マトリョーシカ煙突を使うことで、かさばりません!

値段をとるか、収納の良さをとるかでかわりますが、予算に余裕がある方はマトリョーシカ煙突をおすすめします~!

薪ストーブはアウトドアを広げてくれる

夏の暖かい季節にのみキャンプをしている人が多いと思いますが、薪ストーブを導入すると暖がとれるようになるため、キャンプシーズンが広がります!

しかも、案外安く手に入りますよ。

薪ストーブを使うと、薪ストーブの魅力とは「このことか…!」と誰しもが思うはずです。(笑)

「ちょっと気になるよ!」という人は、ぜひチェックしてくださいね~。

薪ストーブの新保製作所

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking