Kanro

Kanro

1

登場したときから気になっていた無印良品の洗濯洗剤

デザインのシンプルさはもちろん魅力ですが、やっぱり実用性が気になるところ。

早速気になる仕上がりを試してみました。

毎日の洗濯に

無印良品「衣類用洗濯洗剤・衣類用柔軟剤」各490円(税込)

タオル・下着類・パジャマ・Tシャツなどを、普通コースでいつも通りに洗ってみます。

液体洗剤と柔軟剤を、それぞれの投入口にIN。

ちょっと写りにくいですが、フタの内側に目盛りがついてますよ。

ちなみに、今まで我が家は長らく柔軟剤なし・粉末洗剤のみの漢気洗濯スタイル。

今は液体洗剤が主流感ありますが、粉末先輩の汚れ落ちの良さを信頼しております。

仕上がりは合格

そんないきさつもあって、優しげな洗剤は洗浄力はイマイチなのでは? と疑っていましたが、汚れ落ちは◎

男性の肌着の襟首などもしっかりキレイになっています。

次に、香りの強さや吸水性が悪くなるような気がして、なんとなく敬遠していた柔軟剤

「甘い香りは恥ずかしい……」という夫の意見もあり、まぁ入れなくてもいいか! としてきましたが、

今回柔軟剤を入れて洗ってみたのが左、粉洗剤のみが右です。

写真だとわかりにくいですが、やっぱり肌ざわりのしなやかさは段違いです。

見た目にもパイルが整っている感じがありますね。そして気になる吸水性も特に問題ナシ。

ハンカチやまくらカバーなど、綿の平織のものではそこまで違いを実感できかったので、これからはタオルだけまとめて柔軟剤を使おうかな、と考え中。

「無香料」ってかなりいいかも

一番感動したのは、洗いあがりに何の香りもしないこと。

部屋干しでも気になる匂いもなく、香りでごまかしてない感に大満足です。

ただでさえ、シャンプー、ヘアオイル、ハンドクリームなどなど、気を付けないと何かと香りのついたものが溢れがち。

だからこそ洋服にまで香りはいらないよ……と思ってしまいます。

甘い香りを漂わせなくない夫にとっても、お気に入りの香り「だけ」を楽しみたい私にとっても、無香料はとっても魅力的なんです。

残念なところ:使える素材は限られます

ウールなど冬素材向けではないようです。

最近は中性洗剤でのホームクリーニングOKのニットなどもありますが、こちらの洗剤は弱アルカリ性。

その点でもあくまでデイリー向けという位置付けのようです。

四角いボトルがいい感じ

地味に気に入っているのは、ボトルの底が四角いこと

後ろの丸底のボトルと比べると、収まりの良さがわかりやすいと思います。

空の容器も販売してくれないかな~、と思っているのは私だけじゃないはず……。

また、スリムで角があるので、手の小さい私でも片手でラクに取りまわせるのがうれしいところ。

長めの注ぎ口や、560MLとそこまで大きくない容量も、これに一役買ってそうですね。

見た目もスッキリ

やたらと派手な色が使われがちな洗剤だからこそ、これぞ無印、という半透明のボトルはシンプルな見た目も魅力的

生活感なく陳列されている店舗ではなく、自宅においたときこそ実感できるんですよね。

つい、ほかの掃除用洗剤も無印で揃えちゃおうかな……とすっかりハマりそうです。

衣類用洗濯洗剤 約560ml [無印良品]
衣類用柔軟剤 約560ml

あわせて読みたい:


Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking