塩麹いもようかん

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

アクセントで加えている塩麹は発酵食品であるため、腸内環境を整える効果が期待できます。また、タンパク質分解酵素なども含まれているため、疲れた胃腸のはたらきを高めるとされています。

はちみつにはオリゴ糖、さつまいもには食物繊維も豊富ですので、腸活にもぴったりないもようかんです。

塩麹いもようかん

<材料8人分>

  • さつまいも 2本(400g)
  • はちみつ 30g
  • 塩麹 25g(大さじ1と1/4)
  • 粉寒天 2g
  • 水 200cc

<作り方>

  1. さつまいもは厚めに皮をむき、輪切りにして、水にさらす。
  2. 鍋にさつまいもと水(分量外)を入れ、やわらかくなるまで茹でる。
  3. さつまいもを茹でている間に、別の小鍋に水、粉寒天を入れ、火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。
  4. 2のさつまいもを熱いうちに裏ごし器やざるなどで裏ごし、はちみつ、3の寒天、塩麹を混ぜ合わせる。
  5. 18cm×18cmの型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。できあがったら食べやすい大きさに切り分ける。

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

簡単レシピをもっと見る

Diet Plus

Ranking