しば

9

薪と炭を使い分けることで、幅広い使い方ができる焚き火台

キャンプでは朝食から夜の団欒まで、炎を囲んで沢山の時間を過ごしてきました。

今回はそんな使うほどに愛着の湧く焚き火台との思い出を噛み締めながら、使って気づいた焚き火台の魅力をご紹介します!

snow peak 焚き火台

焚火台Lスターターセット ¥24,800(税別)

この焚き火台は、キャンプを始めた3年前から使っています。

当時は「少し値がはるな……でもかっこいいな……」と諦めきれずに購入しました。

今ではすっかり、使うたびに焚き火の魅力に気付かせてくれる相棒になりました。

スターターセットは炭台と焚き火台用のベースプレート、そして収納用のバックがセットになっています。

タフだから重たい調理器具もなんのその

サイズは450mm×450mm×300mm、重さは5.3kg

スノーピークの焚火台のタフさの秘密は、厚さ1.5mmのステンレス素材。

このおかげで、焚火や炭火の高温にも耐えられるんです。

また、安心して重い薪や調理器具を乗せることができます。

メーカー側が「修理の必要がない」と明言するのも、頷けます。

料理の幅を広げてくれるオプションギア

 焚火台 グリルブリッジ L ¥5,400(税別) 焼アミ Pro.L ¥5,600(税別)

スノピの焚き火台といえばオプションギアの豊富さも楽しみの一つ。

例えばこのグリルブリッジを使えば、火加減の難しい薪火や炭火も手軽に三段階の火力調整を楽しむことができます。

ブリッジの高さを出せばサイドから薪をくべながら使用でき、火種が細かくなってきたら、ブリッジを低くしてあげる事で十分な火力で料理ができます。

スノピからは他にも肉用のプレートや、チリトリ鍋、焚き火周り用のテーブルなどが出ています。

色んな料理やシーンで楽しめそうです!

残念なところ:重たい…

二回言いますが、正直重たいです。

スターターセットとブリッジ・焼き網合わせるとなんと15kg程……。

でも、いいんです。

ソロキャンプ用のライト装備と違い、とてつもなく丈夫で、壊す方が大変そうな質実剛健な佇まい。

一旦設置してしまえばビクともしない安定感……。

何年も付き合う相棒として申し分ない信頼感を感じます。

炭火と薪火を楽しむ

私も使うまでは知らなかったのですが、炭と薪では得意分野が違うんです。

炭は火力が安定し易いのが特徴。

また、強火から弱火ゾーンを炭の量で分けることで簡単に火力調整ができます。

ススが出にくいので、直火焼きも美味しく焼けます。

一方で、薪は基本的には焚き火用です。

火力の調整が難しく、水分を含んでいるためススが出やすいんです。

そのため、薪は使用前は焚き火台周りで乾燥させるのがオススメ。

また、針葉樹は燃え易く、広葉樹は火の持ちが良いなど、薪の中でも木の種類ごとに特徴があるので覚えておくと役に立ちますよ。

焚き火台では炭と薪をうまく使い分けて焚き火や直火や調理を楽しみましょう!

ダッチオーブン、燻製料理なんかもおすすめです。

焚き火が楽しい季節到来

秋冬は寒いと同時に、焚き火が最も楽しい季節です。

今ではキャンプの相棒のような愛着を感じる焚き火台。

これからも丹念に手入れをして、長く使おうと思える一台です。

焚き火の前でぽかぽか暖まりながら、ホットワインや熱燗でも飲みたくなってきました……。

焚火台Lスターターセット[スノーピーク]

あわせて読みたい:


ライターは神戸出身の通信空手初段。学生時代は木工で木に触れ、社会人になりレザーブランドメーカーにて革を学ぶ。たまに出てくるカメラマンは東京高尾出身のしゃっくり止め5段。夫婦の共通点は日本酒と山派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking