covacova.

covacova.

2

最近、パッカブルなバッグやアウターが増えましたよね〜。

でも、こんな進化系もあるって知ってますか?

BURTONの「Packable Hip Pack」(税込3,896円)は、2WAY。しかも、バッグとリュックの、なんです。

え!? 別のアイテムじゃないの!?

って、驚いたくらいヒップバッグとか斜めがけバッグにしか見えない見た目なのに……

バックパックに変身しちゃうんです! で、バックパックに変身したら、今度はバックパックにしか見えないんですよ(笑)

この辺の作り込みはさすがBURTON!って感心させられる出来!

ヒミツは上部がパッカブル仕様で、ヒップバッグに収納可能ってことなんです。

どっちで使っても不自然さゼロ!

ただ、パッカブルなものって、軽量・コンパクトだからなのか、機能性を犠牲にしていることもチラホラ……。

その点このアイテムは心配ないのがポイント。

たとえば、生地はシリコンコーティングでバッチリ水を弾いてくれます

スマホが収納しやすいアクセサリーポケットもあるし、

鍵の紛失を防ぐキーフックも付いてます。

そして、極め付け。ウエストポーチのベルトはバックパックの時にはウエストベルトに! これには唸らされました。

残念なところ:ついつい開けるとこ間違えちゃう

収納用のファスナーが1番上にあるので、ついつい開けちゃうんですよね〜。

「あ! ハーネス出ちゃった!」みたいなミスしがち。

紙袋もイケちゃう収納力

身軽にお出掛けしてしまってもついつい買い物しちゃった!ってことないですか?

そんな時はバックパックにしちゃって荷物をしまっちゃえばいいんです。

このくらいの大きさの紙袋ならすっぽり収納できちゃいます。

両手も自由になるで、身軽のまま! ラク〜。

友人たちに見せても、「え!? スゴい!」「めっちゃいい!」と大好評なアイテムでした。

あわせて読みたい:



covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking