林 美由紀

林 美由紀

仕事をしながらの家事は大変。
お掃除は、できるときにしているけど、面倒だからと手をつけられていない箇所も多々……。
お洗濯や洗い物をしただけなのに、腰が痛くなってしまうことも……。

そこで、今回は、普段の家事を楽にしてくれるグッズを、4つご紹介します。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

隙間ワイパー「スキマキーレー」

洗濯機下や冷蔵庫と壁との隙間って、なかなかお掃除が行き届かなかったりしますよね。
でも、きっとホコリがどっさり溜まっているに違いありません。

Image: Amazon.co.jp

そこでオススメなのが、平たい形が特徴的な、JPMHの「スキマキーレー」。

Image: Amazon.co.jp

ヘッド部分に不織布シートを装着すれば、4mmほどの隙間でも、ホコリや髪の毛を、簡単に清掃できます。
また、持ち手が長いので、隙間の深い所や高い所まで届いて、キレイに!

Image: Amazon.co.jp

しかも、ワイパー本体に採用されているPP素材は、柔軟性があり、曲げられます
手軽に使えるので、忙しい日でもコレを使って、ササッとキレイにしちゃいましょう!

ピカピカシューズクリーナー

Image: Amazon.co.jp

手間だからと後回しにしていた、お気に入りのシューズや子どもの靴の汚れ。
力を入れてこすらないといけないうえに、なかなかキレイにならないんですよね。

Image: Amazon.co.jp

サンコーの「ピカピカシューズクリーナー」は、靴の掃除に最適なアイテム。
クリーナー部分の繊維の断面が、特殊な形をしていて、少量の洗剤で汚れをかき出してくれます。
また、繊維は柔らかいので、靴を傷つけずに洗えるのだとか。

Image: Amazon.co.jp

ブラシ部分は、靴の奥まで洗える全長28cm。
360度ぐるっと柔らかい繊維で覆われているので奥まで届き、しっかり靴にフィットして、少ない力でも汚れを落としますよ。

腰ラク洗濯カゴフック

冬になると着込むものも多く、洗濯が大変。
一度にたくさん洗濯したい日にも、コレがあれば便利に使えそうですよ。

Image: Amazon.co.jp

洗濯物をかがんで取って干すのって、腰が痛い!
そんなときに、洗濯カゴを取りやすい位置に設置できるのが、アイセン工業の「腰ラク洗濯カゴフック」です。

Image: Amazon.co.jp

取り付けも簡単で、立ったまま洗濯物をカゴから出して干せるので、妊婦さんやお年寄り、腰痛に悩んでいる人の洗濯干しが楽になりそう!
なお、耐荷重は85kgです。

ステンレスの焼き跡を消すアーネスト クレンザー

Image: Amazon.co.jp

最後は、ステンレス製品の高熱焼けもスッキリ落とし、輝きを取り戻してくれる、アーネストの「クレンザー」。

Image: Amazon.co.jp

界面活性剤不使用で、粉のクレンザーのようにゴシゴシこすって傷を付けることもなく、同じ方向に塗りこむだけで、焼けを落としてくれるのだそう。

Image: Amazon.co.jp

コレを使って、色が変わっているステンレス製品をピカピカにしてしまいましょう。
アウトドアでもお鍋をピカピカにすることができそうです。

普段の家事が気軽にできるようになりそうな便利グッズを、4つご紹介しました。
便利グッズを上手に活用して、家事もお掃除も、やる気を出してパパッと終わらせちゃいましょう!

隙間ワイパー「スキマキーレー」 [Amazon]

ピカピカシューズクリーナー [Amazon]

腰ラク洗濯カゴフック [Amazon]

ステンレスの焼き跡を消すアーネスト クレンザー [Amazon]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking