舟津カナ

舟津カナ

3

ここ最近、巷で背負っている人をよく見かけるロールトップのザック。

使い勝手がよさそうなモノを探していたところ、ポーラー(POLeR)とペンドルトン(PENDLETON)のコラボザックに出会い、一目ぼれ。

愛用して3年ほど経ちますが、丈夫でかなり重宝しています!

入口が広くモノの出し入れが簡単

ロールトップの最大の特徴は、入り口が広いところ。寝袋やジャケットなどの嵩張るアウトドアギアも楽に入れられます。

また、ザックの中にはPCスリープがあり、パソコンを保護しながら運べるため、アウトドアシーンだけでなくビジネスバッグとしても優秀。

テンションがあがるデザイン

ペンドルトンらしく、ネイティブアメリカンの柄が背中部分とロールトップについています。

気が利いているのが、ポケットの中側までネイティブアメリカンの柄がついているところ。

こんなところまで抜かりないデザインは流石!です。

ポーラーとペンドルトンのコラボらしく、ふたつのブランドのロゴも。

荷物の量によって大きさが変えられる

荷物が少ない時はロールをくるくる巻けば、ザックが小さくなります

逆に荷物が多い時はロールの巻きを少なくして容量を増やすこともできるなど、荷物の量によってザックの大きさを変えられます。

また、ロールトップの上部には巻きやすいように固いプラスチックが入っているので、クルクル巻きやすい点も高評価です。

残念なところ:ポケットが少ない

アウトドア用のザックはモノを取り出しやすく、分けて入れやすいようにポケットが数カ所あるものが多いのですが……

これは外からアクセスできるポケットがひとつのみ。

ただし、コンプレッションストラップがあるので、これにカラビラをつけてカップや水筒など外付けすることはできます。

デイリーユースからちょっとしたトレッキングまで

デザイン性があるので毎日使うバッグとしてはもちろん、背中部分はクッション性があり、背負いやすいので、トレッキング用ザックとしても利用できます。

私は、旅行の時のセカンドバックとしても活用しています。

見た目はデイユースザックに見えますが、アウトドアブランドのモノなだけあり、かなりタフ。3年たっても破けることなく使えています!

これからも街やアウトドア、旅行など、さまざまなシーンで活躍してくれそうです。

バッグ[POLeR]

あわせて読みたい:


舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking