しば

5

BBQって大好きだけど、終わった後の油汚れやコゲの後片付けって億劫。

特に頑固なコゲは金束子でも綺麗にできますが、道具を傷つけ塗装を剥がしてしまうことも。

また、山中のキャンプ場では極力洗剤の使用も控えたいですよね。

そんなBBQのあとの片付けをスマートに助けてくれた掃除道具がこちら。

BBQ ふきん


BBQふきん 814円 (税込) 24.5×21cm

この商品たまたま近くのニトリで見つけたんです。

水だけで油汚れやコゲが落ちるということ。

本当にあの頑固な汚れ達がこのふきんで掃除できるの……?

半信半疑のまま、実際にBBQのあとに使ってみたんですが、これが想像以上に使い勝手が良かったんです。

さぁ、気乗りしない後片付けの時間です。

今回洗うのはBBQでしっかり汚れきったBBQグリル。

そしてこちらの、見るも無残な岩塩プレートも洗っていきます。

ススと油の混ざったような汚れ……さすがに汚い。

両面素材違いは用途で使い分け 

ふきんの片面は油汚れに強く汚れが繊維に染み込みにくいレーヨン素材です。

油汚れのひどい箇所は、レーヨン面で初めに拭きあげます。

レーヨン面で拭き取った油は、水ですすぐだけでほぼほぼ流れてくれます。

反対の面は束子のように使える硬めの素材です。

アクリルと特殊な糸で加工した凸凹は、塗装を剥がすことなくコゲやこびりついた汚れをゴシゴシこそぎ落とします。

このゴシゴシ面がとにかく便利!

繊維でできているおかげでモノを傷つけにくく、ものの2分ほどで大方綺麗になりました。

BBQグリルを洗っていきます

ゴシゴシ面でコゲ汚れを落としていきましょう。

この時、本体の塗装が剥がれてはいけないので、力を入れすぎないように注意しましょう。

格闘すること10分、このように綺麗に仕上がりました。

残念なところ:油汚れのベタつきは取りきれない

仕上げに水洗いしたレーヨン面で拭きあげました。

ですが、洗剤を使用していないので、どうしても油汚れのベタつきが少し残ってしまいます。

持ち帰るのに問題ないレベルにはきれいになりますが、最後にキッチンペーパーなどで拭きあげると更に良いかもしれません。

荷物も少なく、繰り返し使えるのでエコ

家に持ち帰った後は洗剤などでしっかり洗ってあげましょう。

また家の中でも気がついたら汚れているキッチン周りの汚れもサッサとお掃除できちゃいます。

BBQやアウトドアではハードに汚れるものが多く、このふきん一枚で十分に綺麗にできるのが便利でした。

ちょっと面倒な油やコゲついた汚れの掃除、ふきん一枚でスマートに解決しちゃいましょう!

BBQふきん[株式会社富士]

あわせて読みたい:


ライターは神戸出身の通信空手初段。学生時代は木工で木に触れ、社会人になりレザーブランドメーカーにて革を学ぶ。たまに出てくるカメラマンは東京高尾出身のしゃっくり止め5段。夫婦の共通点は日本酒と山派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking