Étoile

Étoile

2

バスケットにおいしいものばかりを詰めてピクニックへ”という文章に、夢と憧れを感じませんか。

目を閉じると、ひだまり、そよ風、しゃぼん玉を飛ばす子どもたち、サンドイッチ、アイスティー、向かう途中の笑顔……などなどが次々と浮かんできます。

可愛いバスケットの問題点

憧れを憧れのまま放っておくまい、と夢のピクニックを実践しようとしますと、しかしちょっとした壁にぶつかります。

それは、保冷性の問題。可愛らしいバスケットは通常、冷たいものを冷たいまま持ち運べるようにはできていないのです。

おいしさと素敵さ、どちらも叶う

キャプテンスタッグ 「ピクニックバスケット (ロング 保冷タイプ)」 ¥7,500 (税別)

バスケットを使いたいがためにランチメニューは常温で保存ができるパン類だけ、というのは何とも悲しいけれど、大層なクーラーボックスは理想のピクニックの情景にはそぐわない。

そう悩む方におすすめなのが、キャプテンスタッグの保冷タイプピクニックバスケットです。

こんなの探していた

天然素材の柳を使ったこちらは、見た目は “ピクニックバスケット” と聞いて連想する姿そのまま。

しかしながら、蓋を開けますとシルバーの保冷シートが付いていて、その意外性に「そう来たか!」とびっくりします。

遠慮なく入れよう

サイズは30×27×36cmで、2リットルのペットボトルが4本も入る大容量。

家族みんなのお弁当はもちろん、胃袋のサイズによってはお友だちにおすそ分けをするデザートまで詰め込めてしまう、安心の大きさです。

ペットボトル4本を入れたところ。すっきりと収まってくれます。

おいしいものを詰める

さあ、そしてピクニックへ!

今回バスケットに詰めるのはサラダを入れた容器2つ、ピーナツバター、ジャム2種類、チーズ、ビール3本、そして保冷性を高めるための氷です。

常温保存のパンは別のバスケットに。

こんなに詰めても、まだまだすき間があります

ピクニック終わりの「これ余ったから持って帰らない?」に満面の笑みで答えられる、嬉しいすき間。

まわりの緑になじむ

写真を撮るときに必ず写り込ませたくなるフォトジェニックさ。

パンとチーズとサラダ、そして冷蔵庫にあったスプレッドが数種類、というシンプルなメニューでも、バスケットがあることで心がときめきます。

ピクニックでも適温のかぼちゃサラダを

見た目だけではなく、「ピクニックバスケット保冷タイプ」の名に恥じない仕事もきちんとしてくれます。

外気温26度でのピクニックで1時間半後に取り出してみますと、ビールもサラダも冷たいまま。表面結露もありませんでした。

ただし、夏の盛りは温まるのがもう少し早いかもしれません。

ピクニックのみならず、車の中に常備しておき、スーパーでの買い物に活用するのもよさそうです。

ちょうど戸外での食事が気持ちよくなる季節。

おいしさと素敵さ、両方叶えませんか。

ピクニックバスケット (ロング 保冷タイプ) [キャプテンスタッグ公式サイト]

あわせて読みたい:


Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking