林 美由紀

林 美由紀

1

ここのところ、写真用フィルムは種類が減ったり高くなったりするばかり……。

デジタル全盛の時代なので仕方ないとはいえ、ちょっと寂しい気もします。

そんなフィルムカメラ好きにニュースです!

Kodakを連れて歩く


「Kodak」といえば、世界最大の写真用品メーカー。

フィルムで写真好きには、この上なく馴染み深いメーカーのはず。

そんな「Kodak」がスマホアクセサリーブランド「Case-Mate」とコラボ!

なんとiPhoneやAirPodsのケースになっちゃいました。

レトロデザインが可愛い

Kodak×Case-Mateコラボケース 4,280円(税別)

「Kodak」の印象的なイエローはもちろん、クリアやブラックにカラフルなラインと「Kodak」のロゴが入った、なんともレトロかつ新鮮でもあるデザインになっています。

iPhoneケースは、背面にはハード素材、側面はソフト素材が使用され、ケースのコーナー部分はソフト素材の下にクッション素材となっており、iPhoneも守る役割もしっかり果たしてくれそうです。

3m落下衝撃試験をクリアしており高い、耐衝撃性もお墨付き!

全3種で、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max/XS/X/XR/XS Max/8/8Plusに対応しています。

AirPodsケース 各2,980円(税別)

iPhoneケースだけでなく、「AirPodsケース」も3種登場。

ケースに入れたまま充電も可能で、落下防止に役立つAirPods用マグネットシリコンネックストラップも同梱されています。

さらに「Apple Watch Band」2種まで!

この充実ぶり……手持ちのApple製品を全部Kodakにしたい欲求が……。

懐かしいと思う世代、新しいと思う世代。 意外と世代を問わず楽しめるデザインなのではないでしょうか。

超高性能なカメラを搭載した最新iPhone 11 ProにあえてレトロなKodakのケースを装備……したくなっちゃうな〜!

Kodak×Case-Mateコラボケース [PRTIMES]

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking