小池田

小池田

3

9月末、長野で開催されたフェスに行ってきました。

りんご音楽祭へ

2日間参加予定&イスOKのフェスということで、用意したアウトドアチェア。

アウトドア初心者なりに吟味した結果、そこそこ満足のアイテムをゲット。

3,000円のアウトドアチェア、実力はいかに

PONCOTAN「アウトドアチェア」3,337円(税込)

選んだのは、北海道・東川町を拠点に活動するアウトドアブランド「PONCOTAN」のアウトドアチェア。

当日まで日が迫っていたので、Amazonにて購入しました。

組み立てサイズは、50 × 55 × 65 cm

座面高はおよそ35cm、いわゆるロータイプのチェアです。

いろいろ検討するなかで「やっぱりヘリノックスがいいのかな……?」とも頭をよぎったのですが、いかんせんアウトドアに赴く機会がほぼない私……。

自分にはオーバースペックだなと感じ、とりあえず今回のフェスだけでも快適に過ごせるようなチェアをサーチ。

持ち運びがラクでそれなりに座り心地がよく、なおかつ手頃なものを……と探していたところ、このチェアに出会ったのです。

コンパクトで持ち運びも◎

収納時のサイズは35 × 13 × 11cm

専用のバッグに入っていてコンパクトなので、バックパックにそのまま入れられるのが助かりました!

中を開けると、脚とシートが別々に収納されています。

たたまれた脚を伸ばして……

シートを取り付けたら、チェアの完成!

ガタつきやシートのたるみもなく、見た目は周りのチェアと遜色がないように感じました。

座り心地も及第点!

座り心地も、この価格にしては申し分ないなという印象。

もちろん安定感はヘリノックスには及びませんが、足場のしっかりした場所で腰掛けるなら問題ナシ。

お尻の部分もしっかり沈み込んで◎。

耐荷重も120kgあり、足できちんと支えれば体重をかけて全身を預けても大丈夫でした。

2日間けっこう座っている時間が長かったのですが、今のところ痛んだ感じもなし。

脚が細めなので耐久性にはちょっと不安がありますが、年に1〜2回の使用なら問題ないかな……。

残念なところ:シートをはめる部分がちょっとカタい

使い始めの2〜3回は、脚にシートをはめる部分がけっこうカタくて手こずりました……。

使っていくうちにシートが伸びたのかはめやすくなりましたが、女性はちょっと大変かも。

このチェア、コスパいいな……

ちなみに重さは約1kg

片手で持てるほどの軽さなので、移動も楽ちんでした。

途中、背面とシートを逆に取り付けていました(でも問題なく座れた……)

座るのはもちろん荷物置きにもなり、持っていってよかったな〜と実感……。

イスに飲み物をこぼしたり、雨に見舞われるアクシデントもありましたが、この価格ならまあいいか……と安心して使えるところも私には合っていたかも。

今後もおそらく、年に1〜2回行くフェスで活躍してくれそうなアウトドアチェア。

手頃でそこそこスペックの、コスパの良いチェアを探している方にはおすすめですよ〜!

PONCOTAN アウトドアチェア[Amazon]

あわせて読みたい:


小池田

北海道うまれの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking