sato

sato

逗子葉山エリアに住んでいるのですが、夏は賑わっていた浜辺もシーズンオフ。穏やかな日常が戻ってきました。

この時期ときどきやるのがピクニックランチ。簡単なお弁当でも、海を見ながら食べるだけで美味しいものです。

この景色があるだけで十分ではあるのですが、もっと気分がよくなりそうなアイテムをAKOMEYAで見つけました。

まるで日本昔ばなし

「白竹おむすび籠 スダレ付」4,290円(税込)

まるで時代劇のお侍さんが持っていそうなビジュアル!

三角の竹籠(たけかご)、すだれ、真田紐がセットになった、お弁当籠です。

籠におむすびを乗せて、すだれを巻き、紐で結んで持ち運びます。

通気性が良く、蒸れにくいため、ベチャッとなりがちなおむすびやサンドイッチに最適なんだとか。

さっそく海岸ピクニック

さっそく、おむすびと昨晩のおかずの残りを詰めて海岸へ。

海と籠入りのおむすび、いいですね〜!

すだれはランチョンマットにもなるため、こんな風に一緒に持っていったおかずを置いたりもできます。

さっそくパクリ。これが、なんと、美味しいです。

いつもはラップで握ってそのまま持っていくことが多いおむすび。

そうすると食べる頃には中で蒸れてベチョっとなってしまうんですよね。

籠に入れることで余分な水分が飛んで、ちゃんと口の中でほろっとくずれます。

水分がないから米粒が手に付きません。

お手入れも意外と簡単

自然素材のものって、お手入れが難しかったり、扱いに注意が必要だったり。

これは、やさしく手洗いして風通しの良い場所で乾かせばOK! それほど手間ではありません。

気をつける点は、食洗機には入れないこと、完全に乾燥させることくらい。

自然素材なので、汚れがひどくない限り洗剤は使わない方が良さそうです。

残念なところ:汁漏れしないもの限定

残念なところというか、そもそも目的が違うので仕方ないのですが。

籠なので汁物には向きません。どう見ても汁漏れします。

ただこんな風にちょこっとなら、ラップに包んで入れれば、持ち歩く時に横にしない限り大丈夫です。

贅沢ランチより贅沢かも

自宅仕事の合間の小一時間ですが、頭も気持ちも完全にリセット。

大昔のお侍さんも、こんな風に海を眺めながらおむすびを食べたりしたのでしょうか。

有名店の贅沢ランチも羨ましくなくはないですが、これはこれで贅沢なランチタイム。

本当におむすびが美味しくなるので、アウトドアだけでなくオフィスにもぜひ。

サラッとこれで持っていったら、逆にかっこいい気がします。

白竹おむすび籠 スダレ付[AKOMEYA]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking