浅田 よわ美

浅田 よわ美

1

デザインがいいのにお手頃価格&タフでガシガシつかえる食器、大好きです。

繊細な食器も好きですが、その便利さと、何を乗せてもおいしそうに見える……。

私は、ほぼ毎日毎食この食器を使っています。

落としても割れないから安心だよ

KINTO「ALFRESCO ボウル 150mm」550円(税込)
「プレート 190mm」550円(税込)
「プレート 250mm」990円(税込)

それが、KINTOの「ALFRESCO」シリーズの食器。

お皿が好きな人はもちろん、お皿に興味がないって人は、これさえ持ってりゃ大丈夫!

そんなお皿なのです。

屋外で」という意味を持つ、ALFRESCO。

そう、アウトドアでも気兼ねなく使えるお皿なのです。

どれくらい丈夫かっていうと、こうやって上から落としてみても……

へっちゃらちゃら~。(お皿が痛むかもなので、真似はしないでください)

理由は素材に樹脂を使用しているから。

最近BBQしたときの写真

おうちだけでなく野外や、お子さまのいる家庭でも、大活躍してくれますよ。

薄いのに飛ばない、絶妙な厚み

重ねられて、持ち運びにも便利!

ですが、絶妙な厚みがあるため風に飛ばされることはありません

紙皿だと飛んでいってしまうこともありますが、これならアウトドアでも安心……!

シンプルなデザインでどんな料理にも

何がびっくりって、このお皿、なかなかのお手頃価格なんです。

プレートで550~990円、ボウルで550~880円。

普通、値段が安い=デザインがイマイチでも仕方ないって思うじゃないですか。

でもシンプルなのに、少しエッジの効いたデザインに店頭で一目惚れしたのが購入のきっかけ。

(購入したのは熊本出張でふらっと立ち寄った、小さなセレクトショップだったなあ……。)

質感もしっかりとしていて、安っぽくありません。

大抵の料理は違和感なく盛り付けられますし、ワンプレート皿は何を盛っても凝って見えるのがいいですよね(洗い物も少なくて済むし)。

使えば使うほど、いや、最高か……となるお皿なのです。

残念なところ:これ以上コンパクトにはならない

機能性とデザイン性、さらにそこにお手頃価格まで兼ね備えた、この皿のどこに残念なところがあるんだ!?という気持ちですが……

アウトドア使いする際には、折りたためないのでこれ以上コンパクトにはなりません。

組み合わせて使うのも◎

サイズや厚みが違うお皿を重ねて使えるのもいい点!

組み合わせで料理の見え方がグンと変わるのがおもしろいです。

アウトドア好きな方はもちろん、日常使いにも◎な「ALFRESCO」のお皿。

一家に一枚、いや1セットあれば重宝しますよ~!

ALFRESCO[KINTO]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking