SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

キャンプや登山のテント場(通称テン場)で履くシューズって、何を履いてますか?

普段の靴か、クロックスなどのサンダルが多いと思うんですが、意外とかさばるんですよね……。

そんな悩みを解決してくれたテン場シューズを紹介したいと思います。

メーカー公認!カカトが踏めるスリッポン

ワークマン「LIGHT(ライト) スリッポン」1,500円(税込)

コスパの良い商品で人気のワークマンから、2019年の新作として発売された「ライトスリッポン」。

実はこのスリッポン、カカトが踏めるように作られているんです。

カカトの部分が柔軟性のある素材で作られているため、内側に折り込んで踏んでも靴が傷んだり、足に違和感もありません。

槍ヶ岳「槍平キャンプ場」

キャンプや登山のテン場では、水を汲みに行ったりトイレに行ったりと、頻繁に脱ぎ履きするんですよね。

カカトが踏めるって、すごく便利なんです!

タグにも書かれているので、カカトが踏めるのはメーカー公認のよう。

もちろんカカトを踏まずに履くこともできるので、足元が良くない場所ではしっかり履くことができますよ。

登山口へ車で向かうとき登山靴で運転すると足が疲れるし、カカトのないサンダルだと法令違反になるので、僕はこれを履いて運転することが多いです。

履きやすいようにカカトに指をかけるループが付いているのもさすがワークマン!

軽量で持ち運びにもピッタリ!

多少の個体差はあるようですが、左右あわせて約300gほど。

クロックスが270gほどなので、ほぼ同じぐらいの軽さです。

ナイロン製の収納袋も付属しているので、多少汚れていてもカバンの中に入れて持ち運べるのもありがたい!

以前は、クロックスをザックの外にカラビナでぶら下げていたのですが、見た目や木々に引っかかったりする危険性が気になっていました。

これならはコンパクトになるので、今はザックの中に入れて持ち運んでいますよ。

残念なところ:ソールが少し薄い

クロックスと比較すると、ソールが少し薄いです。

だけど普通のビーチサンダルぐらいの厚さはあるので、走ったりしなければ大して気になりません。

コンパクトさとトレードオフかな〜。

ソールの溝はかなりしっかりしていて、雨の日に使っても滑りにくいのは高ポイント!

撥水加工で、多少の雨なら問題なし

水道の蛇口から3分ほど水をかけてみましたが、水は中まで浸透しませんでした。

防水加工ではないので過剰な期待はしない方がいいですが、多少の雨では全く問題なさそうな気がします。

サンダルやクロックスだと不安でしたが、これなら雨の日でも活躍してくれますよ!

アウトドア以外でもマルチに活躍中

槍ヶ岳「槍ヶ岳山荘 テント場」

元々はキャンプや登山のテン場で使う目的で購入したんですが、使い勝手がいいので飛行機や新幹線の中など、使う機会がどんどん増えています。

見た目も悪くないので、最近は近所への買い物なんかにも……。

カラーバリエーションは3色

宿泊施設などで共用のスリッパを使うのに抵抗がある方などにも、マイスリッパとして人気があるそう。

軽くてコンパクトなので、いろんなシーンで活躍してくれるワークマンのスリッポン。

手頃な価格で持ち運びやすい靴を探していた方は、ぜひチェックしてみてください!

LIGHT スリッポン[ワークマン]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking