ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

17

家の中でもあり外でもある、わが家のテラス。

素敵なローチェアも設置したけれど、雨の日も晴れの日も、できればこの空間をもっと居心地の良い場所にしたい……!

今回はキャンパーに必須のあのアイテムを取り入れてみました。

日よけ用のオーニングやシェードと悩んだ末のタープ

FIELDOOR スクエアタープ
税込4,400円

お庭やテラス、ウッドデッキに取り付けるならシェードやオーニングだよね!と探し回るけれども、なかなか好みの素材や色がない。

そんなときにたまたま見つけたキャンプ用のタープ。アウトドア用品店の天井に展示されてたタープを見ながら、これなら家で使っても違和感ないかも、と購入しました。

フィールドアの280センチ×280センチのスクエアタープは、付属の袋に入れると驚くほどコンパクト。

ロープとペグがそれぞれ8本ずつ付属して5,000円以下と、お値段もコンパクトです。

16ヶ所のループベルトで、ロープや別売りのポールのセットを使えば、キャンプ時などにさまざまな形の張り方を楽しむことができます。

が、このループベルトが家でも大活躍

取り付ける場所が四隅にしかないシェードも多いですが、ループベルトが16ヶ所もあれば形も調節もできるのです。

思った以上に非日常感を味わえる

まずは一番簡単そうな張り方で、テラスの屋根から地面に垂れる形で設置

屋根の幅よりタープがやや大きいですが、ループベルトで調節すればキレイな形に張ることができました。

なんだかちょっとテラス内の雰囲気も変わって、非日常感……!

生地にはUVカットコーティングが施されており、体感でも涼しく感じます。子どもと一緒に外に出ても、影ができてとっても快適〜!

高耐水加工もされているので急な雨にも強く、一日中張りっぱなしにすることも。

重さは約1.3キロと軽く、屋根に取り付けるときに女性の私が苦にならないほど。

購入したライトグレーの色合いも、ナチュラルな感じがお気に入りです。

道路側からの目隠しにもなった!

タープを張ると圧迫感が出るかな?と心配していましたが、ライトグレーが映えてスッキリした印象。

そして何より道路側からの目隠しにもなって、これが予想以上にうれしかったです。

今年の夏はタープの設置が間に合いませんでしたが、息子がテラスで水遊びするときにも人目を気にせず過ごせそう。

テラスでお茶をするときやバーベキューなんてときも、活躍してくれそうです。

天井に張って真夏は日よけに

テラスの屋根の天井に貼り付けるように設置すると、日差しの強い日はかなり快適。

真夏の暑い日でも、テラスで涼しく過ごせます。

窓際に設置することで部屋の中も少しは涼しくなるかも、という期待もアリ。

また、天井に張ることで篭った感もあって、子どもは大喜び!

大きなテントのような雰囲気で、大人の私もちょっとワクワクしました〜!

金具やカラビナを設置しておくとより便利

最初はループベルトにロープを付けて、屋根の柱に結んで、としていましたがかなり面倒!

家族のアドバイスもあって、柱やループベルトにあらかじめ金具やカラビナを取り付けました

こうすることで設置時にはカラビナをカチッ!とはめるだけで簡単。

ですが張り方によってはロープで調節はしなければならないので、そこはやや時間がかかります。

でもそれも経験とアイデア次第で楽しめそうですよ。

キャンプ用品専用、というわけではないし

今までテント、ましてやこんな本格的なタープテントは買ったことがなく不安でしたが……。

使ってみると機能性の高いアウトドア用のタープに、とっても感動しました。

アウトドア用品は、あまりアウトドア経験のない私とは縁のないものだと思っていたけれど、それは大きな思い込み。

日よけや目隠しになるだけでなく、非日常感を味わえるアイテムになりました。

わが家のテラスは、居心地の良い空間にまた一歩近づいた気がします。

スクエアタープ[FIELDOOR(フィールドア)]

あわせて読みたい:


ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

西村優紀子。楽曲制作・執筆のモットーはシンプルなこと。「家」を軸にしたライフスタイルを大切にし、日々の暮らしを楽しんでいる。現在2歳と0歳の息子の育児に奮闘中。 編曲作品は株式会社ウィンズスコアから出版中。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking