haco

haco

1

お米は、買ってきたら袋のまま口だけ閉めて保存していました。

米びつに詰め替えすると底の方に残ってしまうお米がすくいづらいし、ペットボトルに入れかえて冷蔵庫へ、というのは面倒だし……。

でも湿気も気になるし、そろそろ米びつが欲しいなと思っていました。

さすが山崎実業。わかってる!

山崎実業 「密閉袋ごと米びつタワー」 2,750円(楽天市場税込価格)

山崎実業のタワーシリーズで見つけた、「密閉袋ごと米びつ」。

タワーシリーズにはシンプルで、暮らしの困り事をスマートに解決してくれるアイテムが多いので、これは期待できます。

通常、米びつというと袋からお米を出して入れるものですが……

こちらはなんと5㎏のお米が袋ごと入る

封を開けたらこのまま使えるので、詰め替えの面倒が一切なし。画期的!

これなら詰め替えが面倒な私でも使えそう。

中身が少なくなってきたら袋ごと出してしまえば、米粒を残してしまうこともありません。

ケースはキレイなままだからお手入れいらずなのも嬉しい。

シンプルでスリムだから収納場所も困りません

幅が16.5cmととてもスリムで、四角い無駄のないデザイン。

引き出しの中でもスッキリ収まります。

シンクの下の引き出しに入れれば、お米を計量してすぐにシンクで研げるので、動線的にもバッチリ。

シンプルなデザインなので、食器棚に置いても浮きません。

カラーはこちらのホワイトの他にブラックもあるので、インテリアに合わせて選べますね。

ピタッと密閉だから安心

パッキンのついた蓋がパチッとしっかり閉まるので、湿気などの心配もありません。

透明な蓋なので中身が見えて、開けなくてもお米の残量が分かりやすいのも助かります。

段のある計量カップ付き

付属の計量カップは、真ん中の段差のところまで入れるとちょうど2分の1カップ。

普通米と無洗米の両方計ることができます。

取っ手があるから持ちやすく、開口部が四角なので、底にたまったお米もすくいやすいのも特長です。

ちょっと残念なところ:上から見ると丸見え…

蓋が透明なので、上から見ると袋の色やデザインは丸見えになってしまいます。

出しっぱなしの場合は気になるかもしれませんが、袋をギリギリまでカットしたら少しは目立たなくなるかな。

ラクして、使いやすくて、見た目もスッキリ

持ち運ぶときも側面のへこみ部分を持てるので持ちやすくなっています。こういう細かな配慮も、さすが。

お米を計量するたびに「もうちょっとスッキリ収納できないかなあ」と頭の片隅で思っていたのが、今では「スッキリしてて気持ちいい!」という気分に変わりました。

ごはんを炊くのは毎日のことだから、米びつが快適に使えるだけで毎日いい気分が味わえています。

山崎実業タワー袋ごと米びつ[楽天市場]

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking