Bon-Masu

Bon-Masu

2

アウトドアでは足の指先の濡れや冷え対策は大切です。

ゴアテックスやアウトドライを搭載したシューズ(ブーツ含む)により、雨対策をするのが一般的だと思います。

が、防水のシューズは本体が重い、そして浸水すると乾き難くなります。

吊り橋が雨の国へのゲート。ここからは毎日雨の降る山。

暖かい季節なら、メッシュ多用の軽量で通気性抜群のシューズで、「雨が降れば濡れるけど、履いていれば直ぐに乾いちゃうよ!」

というのが、とてもライトな考え方ですね。

魅力的ですが、夏でも濡れれば冷えます、活動量の落ちてきたオジサンは足先が冷えてしまいますね〜。

そこで、ソックスを防水にしてしまう作戦はどうでしょう。

DexShell(デックスシェル) 防水通気靴下

メッシュ素材の通気性抜群のシューズに、雨対策としての防水ソックス

シームレスの防水ソックスです、保温性で幾つかのタイプがあります。

DexShell(デックスシェル) Thermolite socks (サーモライト ソックス) 税込4.212円

3層構造 (アウター、防水被膜、インナー) で構成されており、肌に触れる部分のインナー素材は汗を吸収して蒸散して蒸れを防いでくれます。

私の購入したモデルでは、インナー層の素材はクールマックスが使われています。

アンダーソックスなしで、直に履いても快適。

真ん中の層がPILメンブレン社のボレールメンブレンという、防水透湿膜です。発売以来30年になる信頼の素材です。

そしてアウター層は、磨耗に強いナイロンニットです。

3層構造がポイントなのは、レインウエアと同じです。

防水性能は、こんな感じです。


素材の撥水が効いているので、水に浸かった部分が光って見えます。

DEXSHELLでは、この防水透浸機能を利用したラインナップの靴下、手袋、帽子などを幅広い商品があります、手袋でご存知の方も多いかもしれません。

雨の中で使ってみて

足元に不安はないけど、フードから侵入した雨で上半身からグッショリに。

実際に雨の中の登山で着用し、すごい雨の中を歩くこと数時間……。

靴はビショ濡れでも足は快適ですね

ムレることもありませんね、防水性だけではなく透湿性も優秀です。

さらに雨の中を数時間……。

ついにソックス内が濡れてしまいました。

原因は頭部のフードの隙間から入った雨水が、ウェアや体を伝ってソックス上部のゴム編み部分を濡らして、そこからジワジワとソックスの中に…… 仕方ないですね。

濡らさない工夫をしましょう

ついに口ゴムの部分から水が侵入。緑色の口ゴムを濡らしてはダメってことです。

夏なので全体が軽量装備になってますからね。

ソックス内部が濡れてから5時間歩きました。

雨は途中で上がりましたが、一度濡れたソックス内部は乾きません

しかし、足先が冷えることはありませんね

濡れてもそれなりに保温性があります、でも快適とは言えません。

晴れていればなー! 雨を楽しむ境地にはまだなれませんね。

寒い季節なら、全身もっと濡れないように対策するのですが、夏だとどうして暑さ対策を優先してしまいます。

皆さんも、防水ソックスを使う際には、口ゴムの部分を濡らさないように注意してくださいね。

入り口を守ってこその防水ソックスです。

冬の防寒ソックスとしても

寒そうでしょう。 足先が冷えますよー。

軽量シューズと合わせて夏用の身軽な雨対策だけでなく、秋冬はブーツの中にこのソックスを履いて、雪の中の釣りにも使えそうです。

蒸れないで暖かいと思います。

防寒ブーツと組み合わせて、これからは寒さ対策に使おうと思います。

防水透湿ソックスなら、蒸れによる汗冷えもなく快適に雪の降る川に行けそうです。(行けるといいなぁ。)

防水ソックスの特製を理解して、取り入れて見てください。

季節に合わせた使いこなしを工夫してみましょうね。

DexShell サーモライトソックス 楽天

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking