マツカ

マツカ

1

ホームシアター。いい響きだ。

もっと早く手を出していればと思いつつ、我が家にもついぞプロジェクターを導入しました。

狂ったように映画館へ通い、同じ映画を観ては何度も涙した、あの衝動にストップをかけるため……(かかりませんでしたが)。

公開終了、ならば自宅上映だ

agedate「プロジェクター 3000ルーメン」11,900円(税込)

我が家のプロジェクターは、agedateの3000ルーメン型

外に持ち出すことは考えてなかったので、リーズナブルで明るさも十二分な、据え置き型を選択。

とはいえ、サイズは約22×17×8.5cm、重さ1.3kgと、リュックにも収まるコンパクトさ。

3000ルーメンもあると、昼間の部屋でも色褪せることなく映し出せるほどの明るさです。

会議室での使用など、いざという時はビジネス用としても駆り出せますよ。

この光景を待っていた…

コントラスト比があまり高くないものを購入していたのですが、「あっ、こんなきれいに映るんですか??」と期待以上の感動がそこに……。

解像度も1080PフルHD対応と、家庭用としてはリーズナブルな割に申し分のない性能です。

スピーカーも内蔵されているので、外付けを用意しなくても迫力のあるサウンドを楽しめますよ。

寝ながら映画、これぞ天国至極

ベッドの天井に映そうものなら、起き上がるのが億劫になりかねません。それなりのお覚悟を。

でもこれ、プラネタリウムとか存分に楽しめそうですよね。お子さんも喜びそう。

操作はリモコンでも、本体のボタンでも可能です。

選択画面は使い始めはクセものですが、余計なメニューがないので慣れてくるとむしろ使いやすいものです。

カスタマイズで楽しみも倍増だ

Wi-FiやBluetooth機能は視野に入れていなかったものの、外付け機器で必要な機能だけ拡張させることもできますよ。

HDMI変換器があれば、iPhoneから映像を流すことも!

ゲーム機器も繋げられるし、Fire TV Stickにも対応しています!嬉しい!

選び方次第では、ワイヤレス対応機を買うより安く済むかもしれません。

趣味を楽しむなら断然!

普段テレビは見ないものの、映画やスポーツ、ライブ映像は贅沢に楽しみたい。

そんな人にこそオススメの、ホームシアター生活。

テレビのように場所を取ることがなく、ものによってはローコストなプロジェクター。

一人暮らしの部屋には、案外こっちの方が合っているかもしれませんよ。

プロジェクター 3000ルーメン
[agedate]

あわせて読みたい:


マツカ

函館生まれ、ときどき写真屋。 お酒のために体づくりを始めました。

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、ROOMIEスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking