SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

バス、電車、飛行機、カフェなどなど……。

耳障りな騒音がなければ、もっと快適な時間が過ごせるのに……!

近年、大注目のノイズキャンセリングヘッドフォンの魅力をお伝えします。

耳にかぶせた瞬間、静寂が訪れる

BOSE「QuietComfort 35」37,800円(税別)

最近、よく見かけるようになってきたワイヤレスのイヤホンやヘッドフォン。

煩わしいコードがないのは、すごく快適ですよね。そんなワイヤレスヘッドフォンの中でも、昨今、大注目なのがノイズキャンセリング機能が搭載されたモデルです。

高音質な音響機器で有名なBOSE社は、ノイズキャンセリング機能を発明したパイオニアなんです。

空港ラウンジ

この「QuietComfort 35」は耳にかけスイッチを入れた瞬間、バスや電車、車やエアコンなどの「ゴー」という低い音のノイズがウソのように消えてくれる……!

難しい仕組みはわかりませんが、外部のノイズを継続的に測定し、それに反応して逆位相の音を出してノイズを打ち消しているそう。

耳障りな騒音が消えてくれるので、カフェで仕事をしたり本を読んだりと、集中したいときに欠かせないアイテムとなりました。

小さい音でも音楽が聴ける

長距離バスの車内

まわりが騒がしいので、イヤホンやヘッドフォンのボリュームを上げて音楽を聴いた経験、ありますよね〜。

このヘッドフォンならうるさい騒音をカットしてくれるので、小さいボリュームで音楽を聴くことができるんです。

大きな音は苦手だけど、小さいボリュームだとまわりがうるさくて肝心の曲が聴こえない……!そんな悩みからも解放されました。

スマホのアプリから自分好みにカスタマイズ

スマホのアプリから、ノイズキャンセリングの強度を調整可能。

僕は周囲の音に気を配らないといけない場所では、ノイズキャンセリングをOFFにしています。

こうしておけば、病院の待合室などでも使うことができるのすごく便利!

ちなみにノイズキャンセリング機能を歩行中に使用するのは、車やバイクの音が聞こえず非常に危険なので、絶対にやめましょう。

残念なところ:イヤホンよりはかさばってしまう

お洒落で丈夫なケースが付属しているのですが、イヤホンと比べると大きな荷物になってしまうのは事実……。

だけど、このようにヘッドフォンを薄く折り畳める工夫もアリ。ケースの厚みはヘッドフォンにしてはかなり薄いほうだと思います。

子ども用のお弁当箱ぐらいのサイズで、重量は234gとiPhoneXより少し重い程度なので、あまり気になりません。

有線でも使用OK!飛行機で大活躍

付属のコードを使えば有線でも使用することができるので、Bluetoothに対応していない機器にも繋ぐことができますよ。

ケースには、飛行機の特殊なイヤホンジャックに対応したアダプターもセットされているので、電波の使用が制限される飛行機内でも有線で使用OK

飛行機の大きな騒音がかなり軽減されるので、長い空の旅でも快適に過ごすことができますよ。

ときどき外してみると、こんなにうるさいのか!とビックリ……!

実はBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンは、JALのファーストクラスでも採用されているのだとか……。飛行機との相性はピッタリなんでしょうね〜。

音楽がもっと身近に

ワイヤレスならこのように首からぶら下げていても、コードがないので快適。

ノイズキャンセリング機能のおかげで、ヘッドフォンを使う場所も機会もぐっと増えました。

音楽をもっと身近に感じさせてくれる、BOSEのノイズキャンセリングヘッドフォン。ぜひ増税前にチェックしてみてください!

QuietComfort 35[BOSE]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、ROOMIEスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking