林 美由紀

林 美由紀

2

旅に宿はつきものです。

しかし、本当になにかが憑いているかのような宿屋があるのだとか……?

不思議な宿

京都にある「不思議な宿」には、それぞれ異なる不思議な11個の部屋があるそうです。

一体どんな部屋があるのでしょうか……。

怖い部屋

怖さ」を求めるなら、まずはこちらの部屋。

照明の明るさを調節する「調光ダイヤル」をハッキングして、「怖さを調整できるダイヤル」にしてあるのだそう。

ダイヤルが0の状態では何も起きませんが、1~4に合わせると、そのレベルに合わせた怪奇現象が起こるとか……。

多い部屋

そして次は、なぜだか部屋のスイッチが多い部屋

スイッチを押すとさまざまな音が鳴り、演奏を楽しむことができるそうです。

連打モードでは部屋にあるスイッチを連打すると、1つの音楽になります。

ライブモードは、部屋にある6つのスイッチが楽器になっており、スイッチをON/OFFすることで、 自分が演奏しているような体験できるんですって。

踊る喫茶店

部屋だけにとどまらず、宿屋の1階あるのは「たまに動く喫茶店」。

ここのメニューでは、コーヒーやサンドイッチと並んで「音楽」が注文できるようになっているそうで。

好きな曲を注文するとそのテンポに合わせて、店内にある提灯や時計、トイレのサインが踊り出す喫茶店……。

部屋だけでなく、こちらもかなり不思議なつくりになっていますね。

そして喫茶店の中にある1つの柱は、どうやら生きているらしい……?

空いている穴に質問を投げかけると、柱の中からコンコンと「ノック」で返事が返ってきます。

ノックで答えられないような、前世や似顔絵などの特定の質問については、天から紙を落として答えてくれるのだとか。

今回紹介した仕掛けのみならず、あちこちに不思議な仕掛けが施された宿。

一歩足を踏み入れたら、ただでは帰ってこれないかも……!?

不思議な宿

あわせて読みたい:


林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking