松野 栞

松野 栞

9

キャンプやフェスの必需品のひとつ……それが「寝袋」

今回は、「薄くて軽めの寝袋がほしいなあ~」と思いamazonサーフィンしていた私が見つけた3wayで丸洗いができる、とっても便利な寝袋をご紹介しま~す!

入ってすぐあたたかい

SUNOGE 寝袋 3119円(税込) 

見た目は薄くてサラサラとしているのですが、使用時には繊維が空気を含んで膨らむため、ダウンのような温かさに包まれることができます。

入った瞬間に温かみを感じることができるので、「寒い……!」と温かくなるまで我慢する必要がないところがお気に入り!

肌触り&吸水性が良く、蒸れにくいのも◎! 帽子も30cmついており、頭にフィットします。

そしてSUNOGEの寝袋は「封筒型」で、足元から頭まで同じ羽場で作られています。足元にも余裕があるから膝も自由に動かせ、寝返りもできちゃう~!

従来の寝袋に比べてサイズが大きめなので、寝袋の中に毛布やインナーシュラフを入れれば、防寒性をさらに高めることができますよ!

ダブルファスナーつき

ダブルファスナーで、頭からも足元からも開くことができます。

そのため、少し暑いなあと思ったら、足元だけ解放して温度調節することもできますよ~!

ゴロ寝に最適

ファスナ―を全開にして展開すると「レジャーシート」のようになるんです!

しかも、サイズが220cmx75cmととても大きいので、複数人でダラダラくつろげる~!

私は近所の公園の芝生に展開して、読書するのが最近の楽しみ。

天気の良い日に家族とピクニックしたり、ゴロ寝したりするのも好きなんです。

寒い日のお昼寝時に「掛け布団」としても使えますよ!

丸洗いOKなので、ガシガシ愛用しています!

収納がコンパクト

空気を十分排出し、グルグル丸めて袋に押し込めば、コンパクトな収納袋(39cmx23cm)におさまります!

どこにでも持っていけますね。

残念なところ:収納するのに力がいる

取り出すと、だんだん空気が充填されて太くなるSUNOGEの寝袋。

充填された空気を排出するのは、想像以上に力がいります。

自分が寝袋の収納に不慣れなのはありますが、初めての人は収納するのに時間がかかるかもしれません。

コンパクトな寝袋はあると便利

アウトドアはもちろん防災グッズとしてもオススメな、こちらの3wayの寝袋

「備えあれば憂いなし」だと思うので、一家に一つ寝袋を準備しておくといいと思います!

持ち運びしやすく、丸洗いもOK! な機能が充実した寝袋が気になった方は、ぜひチェックしてみてくださ~い!

あわせて読みたい:

松野 栞

千葉県出身で岐阜県の郡上八幡へ移住中。趣味は写真と料理とアイドル鑑賞(ハロプロ全般)。暮らしの道具やアウトドアを中心に発信します。「生活に彩りを」がメインコンセプト。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking