ナガソクミコ

ナガソクミコ

3

音楽好きのわたし。

PCで音楽を聴くことが多いのですが、レコードプレーヤーやCDコンポなど、いろいろな方法で音楽を聴いています。

中でも、これは良かったな〜と思うものがBluetoothのCDプレーヤー

今、あえてのCDなんですよ!

蔦屋家電の初オリジナル製品!

蔦屋家電「BCPLAY/Bluetooth®機能付きCDプレーヤー」12,000円(税別)

洗練されたデザインの家電が揃う蔦屋家電。

その蔦屋家電がオリジナルで開発した初めてのアイテムがこのBCPLAYのCDプレーヤーです。

ぱっと見は黒いキッチンスケールですが、削ぎ落としたスタイリッシュな形が魅力。

使用方法が少し変わっていて、丸いフタ部分をパカっと開けてCDを入れます。

まるでレコードをプレーヤーにかけるときのような動作で、これがまたいいんですよね……。

タッチする、直感的な操作方法

表面には特にボタンなどが付いていません。

再生などのマークをタッチすると、CDが再生できるようになっています。

タッチするだけで直感的に操作できるが、なんだか近未来感ありますよね。

表面上部で、いま何曲目かがデジタル表示でわかるように。

この表示も見やすくて便利!

スピーカーはついていません

Bluetoothで接続するプレーヤーなので、スピーカーはついていません

普段使用しているスピーカーに接続して使用します。だからこその、コンパクトなつくりがいいんですよね〜。

バッテリー内臓で電源ナシでも使用できるので、デスクの上やテーブルの上に置いて使っています。

ちょっとCDが聴きたいな、というときにサッと取り出して使えてとても便利です。

CD1枚分、集中する時間と決めて

普段は仕事しながらPCで音楽を聴くことが多いのですが、SNSなど誘惑が多いので、思うように仕事が捗らないこともしばしば……。

企画を考えたり、テープ起こしなど短時間で集中したいときはWi-FIを切ってCDプレーヤーで音楽を聴きながら作業します

「とりあえず、CD1枚分の時間は集中しよう……!」と頭の中を切り替えることができるんですよね。

スピーカーではなく、ヘッドフォンをつけてCDを聴きながら作業するのもおすすめです!

CDで音楽を聴く醍醐味

Apple Musicなどのストリーミングサービスで音楽を聴くことが多いのですが、量が膨大すぎて何を聴いているのか忘れてしまうことってありますよね。

CDで音楽を聴くメリットは、CDという物体があるので、見たり触ったりすることで、好きな音楽を忘れないということ。

私は、ずっと大切に聴きたい音楽はCDを購入するようにしています。

大好きなカナダ出身の女性アーティスト、「Feist(ファイスト)」のアルバム。

透明感があり、力強いヴォーカルが素晴らしいです。

2009年の発表当初に購入したので、聴くたびにそのときの思い出が蘇ります。

映画のサントラもCDでよく購入します。

いろいろなジャンルの音楽が1枚に凝縮されているので、来客時にBGMとしてかけることも。

これは、「MORVERN(モーヴァン)」という2003年公開の映画のサントラ。

映画自体も好きなのですが、古いものから新しいものまでいろいろな音楽が入っているので、知らない音楽と出会うこともできます。

DJのMIXCDはCDだからこそ楽しめるもの。

これは、北海道を拠点に活動する「KAZUYA aka PEE」さんのオリジナルMIXCD。

世界を旅して集めたレコードで作成されており、異国情緒を感じるMIXです。

DJをしている方から直接CDを手渡ししてもらうこともあり、こうした音楽の聴き方ができるのはCDならではだな〜と楽しんでいます。

残念なところ:フタがちょっとずれるときがある

フタをパカっと開けてCDを置く仕様なんですが、フタがずれやすいんですよね……。

ちょっとフタがずれるとCDがうまく回りません。

本体にフタがカチッとハマるわけではないので、ちょっとずれてしまうのも仕方ないかな……という気もするんですがね。

家だけでなく、深夜のカフェでも

家ではもちろん、持ち運びができるのでカフェに持っていくことも。

外で使用するときはワイヤレスの小型のヘッドフォンを愛用。読書や勉強など、深夜のカフェで集中できるようになりました。

やっぱりCDっていいな〜とCDの良さを実感できるこのプレーヤー。

蔦屋家電では品切れになるほど人気だったので、CDの時代が改めてやってくるかもしれませんね!

BCPLAY/Bluetooth®機能付きCDプレーヤー[蔦屋家電]

あわせて読みたい:


ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、ROOMIEスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking