masa

masa

6

こんにちは!バイクキャンパーのmasaです。

暑さも和らぎ、アウトドアに最適のシーズンですね!

紅葉の中でのキャンプは最高!

ですが、万が一バーナーのガスが切れて調理ができなくなったらどうします……?

出発前にガスの残量を要チェック!

JETBOIL「ジェットゲージ」1,800円(税別)

まだ足りるかなと思っていたら、途中でガスが切れたり……

ガス缶を予備にもうひとつ持って行ったものの、結局使わずに荷物を増やしただけだったり……。

ガス缶の残量ってだいたいの見当をつけてしまう、「アウトドアあるある」ですよね。

ガス缶がキャンプ場付近で手に入るとは限りませんし、山でのガス切れは手の打ちようがありません。

そんな苦悩を出発前に解消してくれるのが、このJETBOILの「ジェットゲージ」なんです。

シンプルで簡単に計測!

シンプルな構造で、本体は電源ボタンひとつのみ

ロゴと一体化させたデザインがなんともかわいいです!

このボタンひとつで、計測するガス缶の容量の切替も設定できるのがまたいいんですよね〜。

電池は、裏から交換可能。

大きさもコンパクトなので、部屋にあっても、キャンプや登山に持っていっても邪魔になりません。

デジタルで見やすく、わかりやすい

電源ボタンを長押しして起動したら、ガス缶のネジ山にゲージ下の接合部をネジを締めるようにして取り付けて……。

あとは計測するガス缶の容量を設定して、平らな所からちょこっと持ち上げるだけ。

えっこんなんでわかっちゃうの?というくらい簡単!

小型ながら液晶もデジタルで見やすい&わかりやすい!

残量はパーセント表示のほか、グラムでも測れますよ。

数字が動かなくなったら計測完了。ふむふむ、残量はこのくらいね……。

パッケージにはありがたいガイドが

計測すれば残量はわかるけど……。

これでどれくらい使えるのだろうか、とあまりピンと来ない。

そんなときは、パッケージの裏をご覧あれ!残量に対する使用目安が書いてあるんです。

これがかなり便利でわかりやすいんですよね〜。スマホなどで写真を撮ってすぐに見られるようにしておくのがおすすめです!

残念なところ:他のメーカーのガス缶は測れないことも…

接合部のネジさえ合えば測れないことはなさそうですが、基本的にはJET BOILのガス缶に使うのが◎。

やっぱり精度が大事なので、私は指定品以外のガス缶には使ったことがありません。

これ、汎用品として「さまざまなメーカーのガス缶に対応してます」としてくれてたらもっと便利なのになぁ。

キャンプ・登山前の準備に欠かせないよ

今では、ザックに詰めるときにガスの残量を計測するのが当たり前になりました。

お昼に何を食べるか、コーヒーは何杯淹れるか……などを想定して、ゆとりを持ったガス量を持参しています。

しっかりチェックしておけば、湯沸かし以外の調理でも安心して使えるので、さまざまな料理にも挑戦できますよ!

まさに、備えあれば憂いなし。キャンプや登山前の新・ルーティンなのでした!

ジェットゲージ[JET BOIL]

あわせて読みたい:


masa

"Life is journey"が信条の旅人。読書は本の中への旅。転職だって企業の旅。若かりし頃、世界を周ってみて思った。何処かに行く観光旅行だけが旅じゃない。ここでは旅の中で出会った素敵なモノをご紹介できたら嬉しいです。今年のテーマはリトルカブでソロキャンプ!

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking