Qurumu

ライフハッカー[日本版]より転載

ロッククライミングから着想を得たバッグを展開するブランド「Topologie(トポロジー)」。

アウトドアデザインのラフさや、撥水性などの機能性を残しながらも、都市生活用にリデザインしたモダンなアイテムを生み出し続けています。

2019年の秋冬コレクション『Light Collection』では、「撥水と超軽量」が特長のアイテムをラインナップ。

新商品としてトートバッグとバックパックの2wayで使える「Draw Tote」が登場し、さらに、すでにあるラインナップすべてにMoss (モスグリーン) と Sand(ベージュ)の新色が追加されました。

大容量で軽量の2wayバッグ「Draw Tote」

Image: Topologie

「Draw Tote」は、トートバッグとバックパック、2つの使い方ができる2wayバッグ。撥水性の高い軽量ウォッシュドナイロンを使用したバッグです。

バッグのフォルムは実際にクライミングでも使用されているロープバッグから着想を得ているんだとか。バッグの口を開いて肩からかければトートに。さらにキュッと絞ってあげれば、同じトートでも雰囲気の違いを楽しめますし、人混みなどでも荷物を安心して持ち運べます。

そのまま背負ってあげればバックパックとして使えるので、荷物の量や洋服とのスタイリングを楽しめそうです。

外側には両側にジップポケットが1つずつ。アクセスしやすい場所にあり、スマホやお財布などをすぐに取り出せます。ポケットは横向きのジップと、反対側には縦向きのジップに。トートの時は横向きジップを表に、バックパックと使用している際は縦向きのジップを表に、といった感じで自分の好みや使いやすい方を選んで使用できるのは地味に便利なのではないでしょうか。

そして、すっきりとしたデザインで洗練されていて、アウトドア要素がありながらもシャツなどのきれいめな服にも合わせやすそうです。

Image: Topologie

サイズは48cm×48cm。内容量は27L。そう、意外と容量が大きいんです。 15インチのノートPCも余裕で収納できそう。ノマドワーカーなんかには、普段使いバッグの選択肢の1つとしていいんじゃないかなと思います。

こうした機能性に加えて、バックパックとトートの2wayとして使えるところは、かなり魅力的。背負う、肩にかける、ファッションにあわせて使い分けられ、これ1つでさまざまなコーディネートを楽しめそうですよ。

Image: Topologie

カラーは、新色のMOSSやSANDをはじめ全部で5種類。税別9,500円で販売中です。

>>「Draw Tote」の詳細・販売ページへ

以下は、既存のプロダクトをおさらいしながら、それぞれ登場した新色Moss (モスグリーン) と Sand(ベージュ)をご紹介します。

Rope Tote

Image: Topologie

こちらも、クライミングロープを収納するロープバッグをベースにデザインされた「Rope Tote」。

開口部が広く開くのが特徴で、大きな荷物もごそっと入れられる大胆なバックです。ただ見た目はミニマルさを追求し、出来るだけ縫い目とポケットもなくしたそり落とされたデザイン。

Image: Topologie

しっかりとした容量を確保しながらも、とても軽いプロダクトなので、旅行や買い物時のサブバッグとしてコンパクトに折りたたんでカバンにしのばせておいても便利ですよ。

税別8,800円で販売中です。

>>「Rope Tote」の詳細・販売ページへ

Multipitch Backpack Small

Image: Topologie

「Multipictch Backpack」は、マルチピッチ(距離の長い)クライミングで使用される超軽量のバックパックから着想を得たプロダクト。

Topologiemが展開する他のプロダクトと同様に、撥水性の高い生地と止水ジッパーで、中身を雨水などから守ってくれます。容量は19L。13インチのノートPCが収納可能です。

Image: Topologie

税別11,000円で販売中。

>>「Multipitch Backpack Small」の詳細・販売ページへ

Multipitch Backpack Large

Image: Topologie

「Multipitch Backpack Small」が大容量になった「Multipitch Backpack Large」。ラージサイズは、15インチのノートPCが収納可能です。容量も19Lから22Lにアップし、旅行や出張にも対応してくれるでしょう。

Image: Topologie

税別14,000円で販売中です。

>>「Multipitch Backpack Large」の詳細・販売ページへ

Chalk Bumbag

Image: Topologie

クライミングの滑り止めのチョークを入れるバックから着想を得た「Chalk Bumbag」。

サコッシュ、ウエストバッグ、ベルトバッグ、フックの4wayで使用でき、旅行から週末のショッピングなど幅広く活躍してくれます。

Image: Topologie

容量は3Lで、カメラバッグとして使用される方もいるようですよ。税別5,500円で販売中。

>>「Chalk Bumbag」の詳細・販売ページへ

Laptop Sleeve

Image: Topologie

ノートパソコンを持ち運ぶときに重宝する、パソコン用のスリーブ。
Topologiesの「Laptop Sleeve」は、撥水素材と止水ジッパーを使い、パソコンを衝撃からだけではなく水からも守ってくれる無敵のスリーブです。

Image: Topologie

対応しているサイズは13インチ。内側にはポケットがあり、充電ケーブルやスマホを入れて持ち運ぶことも可能です。税別5,000円で販売しています。

>>「Laptop Sleeve」の詳細・販売ページへ

Fold Saccoche

Image: Topologie

フラットで4つの収納スペースを持ったサコッシュ。特徴は薄く軽く、ジャケットやレインコートの下にも身につけられること。サコッシュは、今でもファッションのアクセントととして用いたり、使い勝手の良さもあり、まだまだ人気のアイテムです。

Image: Topologie

サイズは、15cm×22.5cmとKindle Paper Whiteも持ち運べる大きさ。税別5,500円で販売中です。

>>「Fold Saccoche」の詳細・販売ページへ

Tinbox Pouch

Image: Topologie

「小さなバッグ1つで身軽に出かけたい」と思ったら、こちらの「Tinbox Pouch」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

カード、スマホ、鍵専用のポケットがあり、小さいながらも必要なものは持ち歩ける絶妙なサイズ感。前ポケットはスマホサイズで、すぐにアクセスでき使い勝手も良いですよ。

Image: Topologie

税別5,000円で販売中。

>>「Tinbox Pouch」の詳細・販売ページへ

ご紹介したTopologieの2019年秋冬コレクションのアイテム一覧は、以下のリンクよりチェックしてみてくださいね。

>>「Topolgie Light Collection 2019 秋冬コレクション」のアイテム一覧へ

Image: Topologie

Source: Topologie

島津健吾

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking