Kanro

Kanro

1

立ち仕事の足元はやっぱり疲れにくいスニーカーを選びたい。

でも、仕事ではワンピースやスカートが多いので、足元だけ妙にスポーティーだとなんかチグハグな印象に……。

上級者のスニーカーコーディネートって難しいな…… なんて苦手意識がありました。

合わせやすいオールブラック

無印良品 疲れにくい撥水スニーカー 2,900円(税込)

そんな私ですが、無印の「撥水スニーカー」に出会ってからは、合わせやすさにほれ込み、もう何足買ったか分からないほど愛用しています。

いろんなカラーがありますが、ソールや靴紐まで真っ黒なコレがお気に入り。

スニーカーだけどカジュアルになりすぎず、ワンピースにもローファーやスリッポン感覚で合わせやすいです。

ワンピースやスカートにあえてハイテクスニーカーを合わせるコーデもありますが、私はこのローテク感が「等身大」って感じで気に入っています。

背が低いので、足元が悪目立ちしないのがいいんですよね。

履きやすさもばっちり

足の裏の凹凸にフィットするインソールは、土踏まずや指の付け根のアーチを支えて歩行をサポートする構造

正直、履いた直後はピンとこなかったんですが、長時間立っているとその底力を実感できます。

かかとのくぼみ部分が体重がまっすぐ支えられているような安定感を与えてくれるので、自然と背筋がのびる感じがあります。

「疲れにくい」の看板に偽りなしなので、立ち仕事が多い日や今日は歩くぞ! という日にも頼れる存在。

完全防水ではありませんが撥水加工もついているので、多少の雨ならOKですよ。

履きつぶせるお手頃価格

毎日のように履いているので、踵がすり減って寿命を迎える日が普通の人より早くやってきます。

写真のスニーカーも、2ヵ月くらい履いてちょっとくたびれてきた感じがありますね。

スニーカーは履きつぶしてキレイなものを卸し、その分、革靴はちょっと奮発して長く履けるものをチョイス、というのが個人的なこだわりなので、惜しげなく買い替えられる価格もお気に入りポイントです。

残念なところ:オールブラックはよく品薄に……

無印良品 ネットストア 商品ページより

秋冬限定色なのか、時期によってはお店で見かけなくなるんですよね。

ネットショップの「在庫なし」表示を見かけるたびに、「わかる。この色いいもんね……」と勝手に画面の前でシンパシーを感じつつも、悲しい気持ちに。

なくなったら困るので、店頭で見かけたときに2足買って、1足はストックとして常備しています。

ひと手間加えてさらに活躍

これを言ったら元も子もないんですが、靴紐をいちいち結ぶのって面倒じゃないですか?

というわけで、私はここを100円ショップで買える「ゴム製の伸びる靴紐」に替えちゃってます。

一見普通の平紐に見えますが、かなり伸びるので紐を結んだまま脱ぎ履きするのがかなり楽になるんです。

スポーツシューズに多い「アンダー・ラップ」で通すと、甲部分のフィット感もアップしてよりいい感じ。

最初にひと手間かけておけば、未来の100手間くらい省けますよ

朝急いでいるときや両手に荷物があるときもサッと履けるので、紐を理由にスニーカーを諦めることはなくなりました。

雨の日も、歩く日も、これからもお世話になりそうです。

疲れにくい 撥水スニーカー 黒(黒底)[無印良品]

Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking