haco

haco

2

アイロンがけが苦手です。苦手度で言うと90%くらい。ハンカチくらいしかうまくかけられません。

それでも必要な時もあるから、ハンディアイロンに替えました。

これならハンガーにかけたままスチームを当てるだけ。余計なシワもできないはず。

ところが、それはそれでなんだか難しい……。

服がフワフワして微妙にかけづらいし、手を添えるとスチームで熱いんです。

解決してくれたのは、アイロンミトン

山崎実業 アイロンミトン  imat 1168円(税込)

同じ悩みを持つ人が多かったのか、ピッタリのアイテムがありました。

この「アイロンミトン」、キッチンのミトンのように手にはめて、このように使います。

手が丸ごとアイロン台になったようで安定感があります。

アルミコーティングされた表面が、スチームをしっかり受け止めてくれるから、手はもちろん、服の向こう側の壁も守ってくれて安心。

使い方は2通り

ハンガーにかけた服にアイロンしたいときは、このように手につけて使います。

左右どちらの手でもOK。

小さなものにちょっとアイロンをかけたい時は、普通にアイロン台のようにも使えます。

アイロン用のお名前シールなどを貼る時はこれで十分。

収納に便利なフック付き

フック付きだからクローゼットなどにもかけられます。

小さいので邪魔になりにくく、収納に困らないのも嬉しいですね。

残念なところは…

手を入れる部分のメッシュが少しきつく感じるかも。

ベルトも付いていて安定するのですが、もっと大きな手だったら入れづらいかもしれません。

ハンディアイロンのメリットを活かせるようになりました

これまでも、形状記憶のシャツ、シワになりにくい洗剤、干す時のシワ伸ばしなどなど、アイロンをなるべくかけないための努力はしてきました。

それくらいやりたくなかったアイロンがけでも、家で洗えるスーツや綿のシャツなど、どうしても避けられないシーンも。

でも今は、このミトンがあるから大丈夫。前よりは気軽に、楽して、うまくかけられます。

アイロンの苦手度も90%から50%くらい、苦手意識はそんなになくなりました。

なにより、せっかく買ったハンディアイロンが役立つようになって、本当によかったです。

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking