小池田

小池田

もうすぐ9月。とはいえ、まだまだ残暑が厳しい毎日ですね……。

うだるように暑い日は、ふわふわの甘〜いかき氷が食べたい!

でも、行列には並びたくない!

とにかく家から出たくない私は、ついにあのアイテムを手に入れてしまいました。

おうちで本格かき氷が食べ放題……!?

ドウシシャ「電動ふわふわとろ雪かき氷器」3,218円(税込)
※Amazonでの購入価格

その名も、ドウシシャの「電動ふわふわとろ雪かき氷器」。

おうちかき氷と言えば、ジャリジャリ氷を想像しますが(あれはあれでおいしいんですけどね……!)

名前の通り、お店で食べるようなふわふわの本格かき氷が作れるのです。

いざ、ふわふわかき氷作りに挑戦!

ということでさっそく、かき氷作りに挑戦!

ガラスのうつわに木のスプーンなど、雰囲気作りはばっちり。

冷凍いちごに砂糖、レモン汁を加えてぐつぐつ…

お店クオリティのかき氷を作るべく、今回はシロップから手作りしてみました。

使い方はかんたん。

付属の製氷皿に水を入れて凍らせた氷を、かき氷機に投入して……

スイッチオン!

みるみるうちに、氷が山盛りになってきましたよ〜!

ちなみにお皿を回しながら氷を盛っていくのが、かたちのキレイなかき氷を作るコツなのだとか……。

これはお店クオリティだ……

実際に削った氷がこちら。

伝わるでしょうか、この雪のようなふわふわ具合……!

レバーを調整することで氷の荒さも調整できるので、好みに合わせてちがったかき氷が作れるところもうれしいですね。

半分くらい盛ったら真ん中に穴を開けて、シロップをたらり。

さらに上から、また氷を盛って……

山盛りになったら仕上げにシロップをたっぷりと、お好みで練乳をオン。

特製・いちごミルクかき氷の完成です!

自分でもびっくりしていますが、これはかなりクオリティが高いのでは……!?

いざ、実食

気になるお味はというと……

ふわふわな氷が口の中に入れた瞬間にとろけ、酸味のあるいちごシロップと練乳の甘さが混りあって最高!

昔、炎天下の中並んで食べた谷中銀座のかき氷を思い出しました(自画自賛をお許しください)。

残念なところ:氷が出てこないのよ

このかき氷機には、製氷用の丸いカップ半円のカップ×2があらかじめセットで付属。

なのですが、このカップから氷の出にくいこと……!

(軽く流水にくぐらせると氷が出やすくなるそうです)

ちなみにお水を入れて普通の氷を作るのはもちろん、ジュースや牛乳を入れて味付きの氷を作ることもできるそう。

半円タイプなら片方にオレンジジュース、片方に桃ジュース……など、味をミックスするのもおいしそう!

かき氷で残暑を乗り切ろう

氷が溶けてビチャビチャになったり、何かと手入れの面倒なかき氷機……。

このかき氷機は、使ったあとパーツごとに分解できるところも便利なポイントなのです。

モーター部分以外は丸洗いできるところも衛生的で安心ですね!

というわけで、おうちで本格かき氷を作ることに成功した私。

自分で作ったからこそ、おいしさもひとしおなんですよね……。

今回は妹と一緒に食べましたが、友だちを呼んだり、家族みんなで作るのも楽しいだろうなぁ。

ひんやり冷たいふわふわのかき氷で、残暑も乗り切るぞ!

電動ふわふわとろ雪かき氷器[ドウシシャ]

あわせて読みたい:


小池田

北海道うまれの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking