OGMAX

OGMAX

友人と来月に日帰り登山を計画中の私OGMAX。

日帰りの登山は気楽で楽しい

山での楽しみの一つである食事をどうしようか頭を悩ませていた……。

簡単な調理をしようかな……。

しかし、フリーズドライのご飯も最近は美味しいしなぁ

腹を空かせて山での食事に頭を悩ませている時、アウトドアショップで見かけた迫力のあるパッケージを思い出した。

おひとつ1000円の迫力!

イザメシ DON 出汁のきいた牛丼 税込1,026円

一個1000円というパワフルなお値段の非常食、アウトドア食を試してみようじゃないか!

まずは大迫力のパッケージの牛丼

イザメシ DON 和風出汁のカレー丼 税込1,026円

ブロックのお肉が気になるカレー丼

イザメシ DON 素材を活かした鶏ごぼう丼 税込1,026円

376kcalと3つの中ではヘルシー目な鶏ごぼう丼の3種を食べ比べしてみましょう。

お供も贅沢なイザメシシリーズ

イザメシ まんぞく豚汁 税込410円

お供には贅沢に、同じくイザメシの豚汁

イザメシ 煮込みハンバーグ ぶり大根 各 税込464円

気になったハンバーグとぶり大根も摘まんでみよう!

作り方はもちろん簡単!

袋を開けるとご飯と具が入っていますね。

ご飯にはスプーンがついているので、非常時にカトラリーがない!なんて心配もいらないね

丼ものは具をそのままご飯に入れても食べられるようになるという事ですが、今回はおかずと一緒に湯煎していきます。

ご飯はアルファ米

脱酸素剤を取り忘れないように注意

温まった具をご飯に注ぎます、袋は手でも簡単に切れます。

ここが大事なポイント、アルファ米全体に具が回るようにしっかりとかき混ぜます

混ぜ終わったらご飯袋のチャックを閉めて、今回は20分ほど待ちます。

湯煎なしの場合はここから1時間待つので、

登山で食べる時は食事の1時間前に準備してから漏れないようしっかりチャックを閉じて運ぶのがよさそうです。

待ってる間におかずができた!ぶり大根もハンバーグもジューシーで保存食とは思えないクオリティ

特に豚汁はこの手軽さでこの味ができるのかと思うほど美味しかった……。

味は少し濃い目なので、薄い味付けが好きな人はお湯を入れるなど調節した方が良さそうです!

と、言ってる間に

3つともできました!袋を開けるとそれぞれいい匂い

早速実食だ!

まずはカレーから。

味も香りも間違いなくカレー。

しっかりとした味付けです。

具材がゴロゴロ、玉ねぎの風味もしっかり感じるぞ

気になっていたお肉はしっかりジューシー

これって本当に保存食?と思ってしまう食べ応え!

牛丼はなかなかのつゆだく目

出汁のきいた牛丼という商品名なだけあって、ご飯がひたひたになっていてかなり好みの味だ!

牛丼チェーン店を持ち帰りで食べた時の「なんかお店で食べる時とちょっと違うけど美味しい」あの感じ

個人的には牛丼が一番ヒットしました!

最後に鶏ごぼう丼。

食べた時に「あっ、鶏ごぼう丼だ」と思わず言ってしまうほど自然な味付け。

3つとも製造から3年保存がきくとのことですが、炊き込みご飯を作ったような優しい味です。

少しだけ失敗、事前に試しておいてよかった…

カレー丼を食べ進んでいるとジャリっとした食感が。

具を混ぜ合わせる時に、底のアルファ米がしっかり混ぜ切れていなかったようで固いまま残ってしまっていました

こういった調理ミスがあるので、登山用の食事などは事前に試食して作り方もしっかり確認することが重要だと再度実感。

少量お湯を入れて混ぜなおして少し待ったら柔らかくなりましたが、次回はちゃんと底から混ぜないとなぁ。

空腹にガッツリとエネルギー!

1~1.5人前とパッケージに書いてありましたが人によっては1袋食べきれないかもしれません

そこそこの大食らいを自負する私でも1袋で大満足。

3袋作ったのですべて食べきれず、家族に協力してもらいなんとか完食できました

こんなに満足感の高い保存食ははじめてでした

山で食べる時は、食べ過ぎて動けなくならないように気を付けないとな……。

災害時の保存食にも、登山のお供にも、ガッツリ食べられる丼ぶりメニュー

なかなかの値段も納得の満腹&大満足な食べくらべでした!

あわせて読みたい:


OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking