SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

1

そろそろ夏休みも終わり……。

秋になると登山やハイキング、キノコ狩りなんかも行ってみたくなりますよね。

だけど、9〜10月はクマに襲われる被害が最も多い時期。

クマから身を守るには、とにかく出会わないようにするのが一番大事なポイントなんです。

クマのほうから逃げてもらおう

mont-bell「トレッキングベル サイレント」1,834円(税別)

熊鈴とは、クマなどの野生動物に、人の存在を知らせるためのアイテムです。

環境省の「クマに注意!」によると、クマとの遭遇を避けるためには、熊鈴などでこちらの存在を知らせることが重要のようです。

クマは元々とても臆病で、人気を察知すると自ら離れていくことが多いんだとか……。

そこで活躍してくれるのが、モンベルの「トレッキングベル サイレント」です。

真鍮製の美しい音色

いろんな素材の熊鈴が販売されていますが、モンベルのこれは真鍮製

美しく澄んだ音色を聴かせてくれます。

「いかにも熊鈴」ではないシンプルなデザインで、リュックのワンポイントとしてもかわいいですね!

サイレント機能で、不要なときは音をカット

このトレッキングベルサイレントには、音が鳴るのをストップできる消音機能が付いています。

カラビナの部分を引っ張ることで、ベルの内側にぶら下がっている舌(ぜつ)という部分が固定されて音が鳴らなくなる仕組み。

左「チャムス Bear Bell」右「モンベル トレッキングベル サイレント」

以前はチャムスのBear Bellという消音機能のない熊鈴を使っていた僕。

電車やバスで移動するときなどはチリーンチリーンと鳴ってしまわないよう、面倒でもリュックから外してポケットにしまっていました。

消音機能付きのこれにしてからは、リュックにぶら下げたまま音を止めることができるので、手間が省けて楽チンです!

残念なところ:価格は少し高めかな〜

真鍮製で消音機能も付いているので、熊鈴としては少し高めかも……。

だけど、頻繁に壊れたり買い替えたりするものでもないので、音色とデザイン、機能性で僕はこれを選びました。

少し高めですが満足度は高し。長い付き合いになりそうです!

マナーを守って、安全に山を楽しむ!

立山 室堂ターミナルの掲示物

不要な場所での熊鈴は、他の方に迷惑になるだけでなく、雷鳥などのデリケートな野生生物も恐がらせることになるそうです。

北海道 知床ジオパークの掲示物

乗鞍岳 畳平ターミナルの掲示物

地域によって生息状況は変わってくるので、訪れた際には掲示物などをしっかりチェック。

地域に合わせた適切な対応をするように心がけています。

街ではまだまだ残暑が続きますが、山では一足先に秋がやってきます。

美しい紅葉や秋の味覚狩りの準備を、そろそろ始めてみませんか?

トレッキングベル サイレント[mont-bell]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking