Bon-Masu

Bon-Masu

6

安全装備としてテント泊にはもちろんのこと、日帰りトレッキングでも必ず携帯したいのがライトです。

夕方遅くなってしまった時など、持っているといないとでは、安心感が全然違います

皆さんも、ぜひ携行してくださいね、両手を使えるヘッドランプがオススメです。

モンベルの安心装備

モンベル ミニヘッドランプ 1,500(+税)

ストラップを緩めて、首にかけることも多いです。

キャンプサイトで料理をする時や、釣りの仕掛け作り(「リグる」って言いますね)の時も、この首かけスタイルです。

簡単なリグならライトなしで作れるようになりたい。

明るい・軽い・電池長持ち

ゴアテックス、チタン、ダイニーマなど、新しい素材がもたらしてくれた変革の数々を経験して来て、その都度「本当かなー」とか「欲しいなー」と驚きながらジワジワと取り入れて来ました。

そんな中でも、個人的に一番恩恵を感じているのが、LEDです

今更かよ!って話ですが、本当にそう思います。

LED以前も、マロリーのフラッシュライトとかペルツのヘッドランプなど、名器と言える定番の明かりがありました。

が、LEDでガラッと世界が変わりました。LEDじゃないライトは売ってないですもんね。

どの製品を選んだとしても、「明るい」「軽い」「電池長持ち」です。

以前のヘッドランプは、単3電池2本で大凡3時間ぐらいしか持ちませんでした。(その昔は、富士山のご来光登山で途中で電池交換しましたよ…)

電池込み32g

今、私が使っているのは、モンベルの一番軽いやつです。

電池込みの重さが32g、この軽さが素晴らしい。

明るさは3段階に調節可能、1番強い明るさでも40時間持ちます。

防水性能もしっかりしていて、これで電池付きで1,500円です

防水の電池蓋は道具なしで開けられます。コイン型電池(CR2032)を2つ入れます。

このヘッドランプの良いところは、誤作動防止の二度押しスイッチです。

バックパックの中で、スイッチが入ってしまうのを防いでくれます。

心配性の方も、誤作動防止のために、本体よりも重いシッカリとしたケースに入れることもありません。

よく使うのは一番暗いやつ

スイッチを二度押すと、5ルーメンが灯ります。

もう一度押すと10ルーメン、さらにもう一度押して20ルーメンです。

一番使うのは、暗い5ルーメンの電灯色ですね。

あまり明るい必要はないんですよ、夜中に歩き回ることはほぼないですし。

あまり明るいと周りに迷惑をかけたり、動物や魚を驚かせてしまうだけです。

ビタミンカラーが多いのもいいですね、無くしやすいものなので、派手な色は紛失防止に役立ちます

2つ持ち歩くのがオススメ

テントのポールはトレッキングポールを兼用。ランタンはヘッドランプで兼用。使いまわしてるでしょ。

一番協力な20ルーメンで使っても40時間持つので、予備の電池は持たないでも3泊程度は大丈夫な計算です。

しかし、安全装備として、念には念を入れて予備の電池は持つべきです。

私は予備電池のつもりで、同じものをもう1つ持ちます。 なにせ本体と電池で32gですからね。

2つ持っていると、準備不足の友人にプレゼントすることもできます

次の機会に友人がまだ使っていてくれたら嬉しいですし、その友人も2つ持ちを真似してくれてたら嬉しいです。

アウトドアを楽しむためには、日帰りでもライトは持って行きましょうね

ランタン代わりにも

ほのかな灯り。うーん良い感じ。 でもこの収納袋は枕にもしたい。。。悩みます。

テント泊なら1つはランタン代わりに使うと便利です

簡易ランタンにするための専用シェードもありますが、タイベック製のテント収納袋で代用できます。

雪洞(ぼんぼり)のような優しいランタンになりますよ。

ビタミンカラーは紛失防止にもなるし、差し色みたいなものですかね。

こんなに便利で軽い装備が、1,500円で買える。

LEDができて良かったと感謝しましょう。

32gなので、日帰りトレッキングでも、必ず携行してくださいね。

”備えあれば憂いなし”ですよ

モンベル 公式 ミニヘッドランプ

あわせて読みたい:



Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking