haco

haco

2

スマホでなんでもできる時代。お買い物の支払いもできるし音楽も聴ける。電車だって乗れちゃいます。

便利な反面、小さな子でも動画を見る機会が増えて視力の低下や姿勢の悪さが気になってしまう……。

そんな心配を軽減してくれそうなアイテムを使ってみたら、大人にも便利でしたよ。

スマホ用の拡大鏡

Besline 「スマホ拡大スクリーン」 1,111円(Amazon価格)

スマホをセッティングすると、画面を2~3倍に拡大して見せてくれる「スマホ拡大スクリーン」。

拡大鏡越しにスマホの画面を見るだけなので、むずかしい操作は一切ありません。

どのくらい拡大されるのかというと…

実際のスマホのサイズはこのくらいですが……

「拡大スクリーン」を通してみると、このように拡大して見えます。写真に写したらぼやーっとしてしまいましたが、実際はもう少し見やすいです。

動画で試してみると、細かな背景や動きの早いところは少々見えづらいですが、人の顔ははっきり見えます

軽くて薄いから、持ち運びも収納も便利

使わないときはパタパタとたたむとどんどん薄くなり……

なんとA4のクリアファイルに収まってしまうほどの薄さとサイズに

これなら持ち運びも楽ですね。

雑誌くらいの薄さなので本棚に立てかけておけば収納場所にも困りません。

使いやすさの工夫いろいろ

他にも角度を変えられるアジャスターがついていたり……

スマホを置くところには吸盤もついています。ぴったりくっついて、倒れる心配もありません。

ただし、手帳型ケースは外した方がよさそう。

残念なところ:正面からじゃないと歪む…

真正面からしかキレイに見えないのが残念。斜めから見てしまうと、歪んで見えたり、画面自体が見えなくなります。

正面からでも画面の端っこは歪んでしまうため、かえって見づらいと感じるときもあるのが残念……。

こんなシーンに使えそう、3選

普段使いするのにはやや使いにくいかな、と思う場面もありますが、以下の3つの使い方はおすすめです。

1つ目は、ゲームの画面を見るときに。コントローラーが外せるタイプなら、本体だけを置いて、画面から少し離れて遊べます。

細かいアイテムを選んだり、文字を読みながら進めるゲームだと読みづらいかもしれませんが、大きな画面でゆるっと遊べる、例えばマリオテニスなどには向いてます。

2つ目は、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントとして。9月16日の敬老の日にもおすすめです。

使い方も簡単だから、スマホで送った孫の写真を手軽に拡大して見てもらえますよ。

普通の拡大鏡代わりにもなるので、小さな文字が読みにくいときにも助けてくれます。

3つ目は、大人数での打ち合わせのときに。席が離れた人にも資料などをパッと見せられて便利です。

これからが楽しみになるアイテム

使い方を上手に選べば、スマホ生活がもっと安心で豊かになりそう。

今後、「拡大スクリーン」で使ってみたいのがレシピサイトやレシピ動画です。

ここにセットしておけば、最初からタブレットサイズで立てかけておけるから、両手がふさがっていても大丈夫。料理の手を止めなくてよくなります。

工夫すれば、まだまだ活躍するシーンがありそうですね。

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking