ナガソクミコ

ナガソクミコ

自分にピッタリな自転車がほしい……。

そう思って時間をかけて選んだ自転車。

購入してから今年で7年目、これからもずっと私の相棒です。

相棒は、カスタムオーダーした自転車

Panasonic「POS オーダーシステム」

当時、通勤やお出かけの時にシティバイクに乗っていた私。乗車する時間はだいたい30分程度。

でも、もっとスピードが出る自転車がほしい。あわよくば、遠出もしたい。

自転車に詳しいわけではなかったので、最初はビアンキやコルナゴなどの海外のおしゃれな自転車がいいな〜、レトロな藤のカゴ付きのヴィンテージなタイプはどうかな〜、とぼんやり……。

友人に相談したりといろいろと話を聞くうちに、高価過ぎないロードバイクかつ、クロモリという材質を使ったフレームがいいなと考えるように。

そんなときに、自転車店でオススメしてもらったのがこのPanasonicのオーダー自転車でした。

サイズも自分に合わせて

自転車選びでは、どういうときに乗るかということだけでなく、サイズが合うかも重要。

158cmとそこまで身長が大きくない私は、サイズが合う自転車が限られていることに困っていました……。

このオーダー自転車ならば、子どもから大人まで対応してくれるサイズ展開

長時間、さらには数年間は乗りたいと思っていたので、サイズがピッタリのものが選べるというのは大きな決め手に。

自転車レースに使われるほど本格的な仕様であること、30年以上販売し続けているロングセラーというのも決め手でした。

長期間販売されているということは、それだけ完成された製品であるという証。

飽きずに乗れるだろうな〜と思い、選びました。

カラーや文字入れも自由に

オーダーなので、フレームのカラーが選べるのも気に入ったところ。

私は、パールが絶妙に入ったパープルを選びました。

Panasonicのロゴの位置や大きさ、そして好きな文字を入れることもできるんです!

私は、盗難対策に自分の苗字である「nagaso(ナガソ)」と入れました。

名前が入っているおかげか、あくまで私はですが、鍵をかけ忘れたときも盗まれたことがありません。

細部までカスタム可能

カラーだけでなく、サドルの色やバリエーション、ハンドルのバーテープの色も選ぶことができるんです。

私はバーテープを赤い色のものに自分でカスタムして、ドリンクホルダーを取り付けています。

時間をかけて選んだ自転車だからこそ、こうしたカスタムもとっても楽しい……!

お気に入りの自転車なので、タイヤ交換など簡単なメンテナンスも自分でするようになりましたよ。

予算オーバーしても買ってよかった

7年前の当時の金額ですが、購入金額は14万円ほど。

当初は10万円以内で購入したいと思っていたので、かなり予算オーバー……。

でも、交通費が浮くと思えばいいじゃないか!と購入に踏み切りました。

乗りやすさも見た目も本当に素晴らしく、今でも買ってよかったと実感しています。

世界に一台だけの、自分だけの自転車

届自転車店でオーダーしてから手元に届くまでは、約1ヶ月ほど。

自分で選んだ自転車が、どんな仕上がりになるかを待つ時間も、とっても楽しかったんですよね。

スピードが出るロードバイクなので、最初はちょっと怖いな〜と思っていました。

でも、慣れてくるとその分、走るのが楽しい!

輪行バッグに入れれば、電車に乗ることもできるし、飛行機に載せることもできるロードバイク。

今は、この自転車を連れて旅に出るのが密かな夢です。

POS オーダーシステム[Panasonic]

あわせて読みたい:


ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、ROOMIEスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking