1

10年間ずっとつかってるギアがありまして。

もともとはバイク用のケースとして買ったLOGOSのクーラーボックス。

サイズ感が最適で、取り回しやすいんですよ。

ついつい便利で2個も買っちゃって、クーラーボックスの複数使いの便利さに気づいちゃいました。

「スリム」クーラーボックスって?

ハードクーラーボックスは大容量!保冷力!なんかを競っていますね。

でも、これはスリムなのが売り。大きさはでっかいのアタッシュケースな感じですかね。

取っ手もしっかりしていて持ち運びもしやすいんです。

複数使いがおすすめ

容量は17Lと少なめなので、1個だとキャンプに持っていくのは力不足かな。

だけどね、1つで足りないなら2つ持っていけばいいじゃない。

キャンプでは、椅子のそばにサイドテーブル代わりにおいて、ビールが無くなったらすぐ出せる距離感を維持してます。

手元にすぐボックスがあると取り出しにいちいち移動しなくても良いので、特にローチェアを使ってる人にはオススメですね。

ローチェアって一回座ると立ち上がるのおっくうですからね〜……。

残念なところ:現行モデルは大容量

今僕がつかってるモデルは17Lでスリムだったので車にも積みやすくて重宝してたんです。

ただ、現行モデルはちょっと大型化しちゃって……。幅が8cmくらい分厚くなってますね。

17L:約50×28×36cm。
25L:約50×20×36㎝

容量は25Lで大きめになってるのは嬉しいところですが……頼む~、17L復活してくれ~!

椅子にもテーブルにも

クーラーボックス単体でも椅子として座っちゃえます。

板を渡せば、メインテーブルにも変身

そしてサイドテーブルとしても優秀。

もちろん、LOGOSでなくとも低~中容量のクーラーボックスを複数使う事で実現できますよ〜。

おっきいクーラーボックス1個ドンッ!ってスタイルよりも、個人的にはオススメなんですよねー。

あわせて読みたい:


Ranking